スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

100%経営に専念できる状態を作るために

では、

昨日の続きです。



→→→今こそ、保険を見直すチャンス!




設立からそれなりの年数が経つと、

従業員の退職金向けに、

養老保険に加入されている会社があります。




これは、

昔からの節税保険の定番で、

保険料の半分が経費になる、というもの。




でも、

この従業員向け養老保険、

実はあまりおトクではありません。





どちらかと言えば、

中小企業の場合、やっぱり経営者の退職金向けの保険を

優先させる方が吉です。




じゃあ、

こんな場合、あっさり養老保険を解約するのかというと、

他にも方法があります。





払済保険に切り替えるんです。




保険料はストップさせて、

その分保険金額の少ない保険に切り替える方法です。




定期保険の場合には、

払い済みにすると、利益が出て、

税金がかかる場合がありますが、

養老保険の場合は、その心配なしです。




そのストップした分の保険料で、

本当に必要な保険に入ろうと思えば、入れますしね。




平成19年4月に、保険料が改定され、

それ以前に加入した保険と同額の保障でも、

保険料が下がっている場合もあります。





法人の場合、

保険は、節税や役員退職金の積立用に

利用されることが多いですが、

そもそも保険はリスクに備えるための商品です。




特に今のような時代、

本当に何が起こるかわかりません。




取引先の倒産、

火事、製造現場での事故、

従業員のトラブル、内部告発、

消費者からの訴訟、

創業者の不慮の死 などなど・・・・・。




あまり、

マイナス面ばかり考えるのは良くないですが、

前向きに経営に専念するためには、

最低限のリスクヘッジも必要です。




かといって、

ムダな保険にお金をつぎ込む余裕はありません。




だから、

今こそ、保険の棚卸なんです!






関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
経営のヒント | 2009-09-30(Wed) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。