スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

税理士、よもやま話。

税理士業界も、実は高齢化が進んでます。



60歳以上の税理士が、

全体の半分以上を占めてるんです・・・・・。



結構ビックリですよね。




もっとビックリなのは、

80歳以上の方が5%以上もいるらしいです・・・・・。




この仕事をしてると、

別の税理士さんから変わって来られる

お客さんもおられます。



過去3年の申告書を見せて下さい、

というと、なんと中には、手書きの申告書が

出てくることもあります。




僕らの世代にとっては、

申告書を手書きで書くなんて、

そりゃもうありえないわけです。




でも、もっと年配の先生に話を聞くと、

もっとすごい話が聞けます。




まずは電卓なんてものはなかったと。




みんな、基本そろばんです。




初めて電卓が売り出されたときには、

それは、スーパーのレジほど(?)デカイやつで、

横にハンドルがついていて、

割り算をするときには、

そのハンドルを回すんだとか。



こんなやつらしいです→→→タイガー計算機




また、コピー機なんてもんはなかったと。




決算書ができて、申告書ができたら、

それをカーボンを敷いて、手書きで写す、

字のきれいなパートさんが必須だったそうです。




国税局管轄の会社なら、

申告書を3部出さないといけないので、

大変だったみたいです。




そんな時代から考えれば、

便利な時代になったもんです。





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
息抜きの雑談 | 2009-04-28(Tue) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。