スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

簡単にわかる!「欠損金の繰戻還付」総まとめ!

今日は、繰戻還付、総まとめです!


→→→「欠損金の繰戻還付」と「欠損金の繰越」、どっちが有利?

→→→「欠損金の繰戻還付」と住民税の落とし穴(前編)

→→→「欠損金の繰戻還付」と住民税の落とし穴(後編)




では、パターン別にまとめてみたいと思います。




●<X1期>赤字 ⇒ <X2期>黒字



  ◆欠損金の繰越で、赤字と黒字を相殺

  ◆法人税・法人事業税・法人住民税、全てに適用

  ◆赤字は7年間繰越可能





●<X1期>黒字 ⇒ <X2期>赤字


   ◆欠損金の繰戻還付で、黒字と赤字相殺

   ◆<X1期>で払った税金が還付される

   ◆ただし、還付金として返ってくるのは法人税だけ

   ◆法人事業税、法人住民税は返ってこない

   ◆黒字と相殺しきれなかった赤字は、7年間繰越可能




●<X1期>黒字 ⇒ <X2期>赤字 ⇒ <X3期>黒字


   ◆繰戻還付により、<X1期>の法人税が還付される

   ◆<X3期>の法人住民税は、その計算の基となる法人税から

    繰戻還付になった法人税を差し引いて計算


   ⇒結果的に、法人住民税が間接的に還付されることに


   (引ききれない法人税は7年間繰越可能)





・・・・・と書き続けると、きりがないのでこのへんで。



法人税と法人住民税では、

還付のされ方がちょっと違う、というのが

分かりにくいところですね。




昔は、

この欠損金の繰戻還付は特例だったので、

これを使うと、必ず税務調査に来る、

という時代もあったみたいですが、

今はそんなことはありません。




中小企業に全面解禁になれば、

そんなことしてられませんしね。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
法人税の還付 | 2009-04-19(Sun) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。