スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

パートタイム労働法、超早わかり!

昨日は、

改正から1年経ったパートタイム労働法

というのをご紹介しました。



→→→パートタイム労働法って知ってますか?



では、今日はその中身です。



詳しくはご紹介できませんが、

ざくっとポイントだけを簡単に。




「パートタイム労働者」というのは、

その呼び方に関わらず、

所定労働時間が正社員より短い人を指します。



パート、アルバイト、契約社員その他もろもろ全て対象です。




1番大事なのは、

ちゃんと労働条件を契約書で明示しないといけないこと。




当たり前といえば当たり前のことですが、

あとあとお互いに揉めないためにも、大事なことです。




そのとき、

「契約期間」、「仕事内容」、「労働時間」、「賃金」などももちろんですが、

「昇給の有無」、「賞与の有無」、「退職金の有無」

も明示しないといけません。




違反すれば罰金です・・・・・。




契約書のひな型はこれを使って下さい!


→→→労働条件通知書





また、その条件を決めるに当たって考慮した項目は、

本人から求められれば、ちゃんと説明しないといけません。




あと、基本的な姿勢としては、

仕事内容がほとんど変わらなければ、

正社員とパートさんの待遇に差を付けてはいけない、

ということが書かれています。




パートさんが正社員に転換できるようなチャンスを

与えてあげる、というのも義務付けられてます。




その他にも、いろいろと努力義務があります。




何度も書きますけど、

後になってお互いにわだかまりができないためにも、

最初の契約の時に、しっかりと説明しておくことは大事だと思います。




詳しくはこっちのパンフレットをどうぞ!

→→→「パートタイム労働法が変わりました!」





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
その他上記以外 | 2009-04-02(Thu) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(1)
コメント
頑張って下さい!!
応援、ポチ、ポチ。
また来ますね!!!
2009-04-04 土  23:25:37 |  URL | 元塾講師中里によるアフィリで楽しく毎日が給料日 #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。