資本金は金額だけじゃないんです!

資本金というと、
みなさん、金額をいくらにしたらいいか、
ということばかり考えてませんか?

もちろん金額も大事なんですが、
もう1つ大事なことがあります。


資本金というのは、

   「株主として出資してもらう」

ということとセットです。


つまり、

   ”誰に” ”いくら”

出資してもらうかを決める、ということなんです。


この

   ”誰を株主にするか”


ということが、税金を計算する上で、実は大きな意味を持ってくるんです。


「そんなん、普通、株主なんて自分1人しかおらんやん!」

という方も、ちょっと我慢してお付き合い下さい。



これからの話で、キーとなるのが、

このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 いわゆる「同族会社」というものです。



「同族会社」は
社長の一存で何でも決めることができますので、
お手盛りにならないよう、税務上もいろんな規制が設けられているんです。


専門的な細かい話は、ここでは省略しますが、

1つだけ、必ず知っておいてほしい規定があります。


それが

   「業務主宰役員給与の損金不算入」


という規定です。



・・・・・・・・・・・・・・
???????
「何じゃそれ?!」



といった感じだと思います。



だいじょーぶです!

簡単に要点だけ説明していきますので。



要するに、ぶっちゃけて言ってしまうと、


「ある一定の要件に該当した会社は、

主に社長の給与の2~3割が、

税金を計算する上で、経費として認められない」



という規定です。

問題はその「一定の要件」というところなんですが、

ちょっと一日では無理そうなので、続きはまた明日です!
関連記事
   
資本金の決め方 | 2008-04-11(Fri) 22:30:50 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース