スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

個人事業主が引越したときの落とし穴

今日は、

個人事業主の方が引っ越しした場合の、

確定申告関係の手続きについてです。



(所得税の確定申告期限は過ぎてしまってるんですが・・・)



同じ市内で引っ越したような場合は別ですが、

他府県へ引っ越した場合なんかには、

”納税地”が変わってしまいます。



つまり、

確定申告書を提出する税務署が変わる、

ということです。



この場合、手続き的には、

「納税地の移動に関する届出書」というのを

出さないといけません。



→→→所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書



これは、

引越し前の管轄の税務署と、引越し後の管轄の税務署の

両方に出して下さい。



まあ、万が一間違えて引越し前の管轄の税務署に

出してしまったとしても、

ちゃんと期限内に出していれば、

そこから引越し後の管轄の税務署に転送してくれますけどね。






もう1つ、注意しないといけないこと、

こっちの方が重要ですが。



振替納税の届けを出している方は、

引越しして、管轄の税務署が変わった場合には、

必ずもう1度、振替納税の届けを出し直して下さい。



振替納税というのは、

どうも税務署ごとに管理しているらしくて、

税務署が変わると、また手続きし直さないといけないんです。



出さないと、納付期限は通常の3/15になりますから、

振替納税と思いこんでいると、

後で延滞税を取られることになってしまいます。



ホントに要注意です!




→→→振替納税なら無利息で納付期限延長!




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
所得税 | 2009-03-20(Fri) 10:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。