スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

青色申告、その他の特典をまとめて解説(後編)

青色申告特集、今日で完結です!



→→→青色申告のメリット、いくつ知ってますか?

→→→実は、青色申告特別控除はこんなにスゴいんです!

→→→青色事業専従者になる?ならない?

→→→青色申告、その他の特典をまとめて解説(前編)




では、残りのメリットについて、

簡単にご紹介しておきます!




●推計課税されない


白色申告の場合には、

帳簿を付けなくてもいい分、

もし税務調査になって、何か指摘された場合に、

帳簿で反論する、ということができなくなります。



つまり、

税務署から

「この業種だったら、平均的な原価率はこれぐらいだから」

と言われてしまえば、それまでってことです。



それが青色申告なら、もちろんそんなことはなくなります。


ちゃんと、帳簿で反論することができますからね。





●現金主義での申告が可能


確定申告は、発生主義で申告するのが原則です。



例えば、

12月に発生した売上なら、

お金をもらってるのが、年明けの1月だとしても、

12月の売上として申告しないといけない、ということですね。



ただ、青色申告の場合には、特例があって、

事前に届出をしておくと、

現金主義で申告できるようになります。



(前々年分の青色事業専従者給与を支払う前の

事業・不動産所得の合計が300万円以下の場合に限ります)



上の例で言うと、

年明けにお金をもらってる売上は、

確定申告に含めなくてもいい、ということです。



ただ、この特例を使うと、

青色申告特別控除が使えなくなります・・・・・。



ので、実際には、あんまり使ってる方は見かけませんが。





●各種の特別償却・税額控除


青色申告にしていると、

何か大きな設備投資をしたときなんかには、

税額控除が使えたりします。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
所得税 | 2009-03-19(Thu) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。