スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

青色事業専従者になる?ならない?

青色申告のメリットは何ぞや、

という話をしてます。



→→→青色申告のメリット、いくつ知ってますか?

→→→実は、青色申告特別控除はこんなにスゴいんです!




今日は、青色申告のメリット2つ目、

青色事業専従者給与です。



白色でも事業専従者給与を支払うことはできます。

ただ、金額に制限があるんです。



配偶者なら86万円、それ以外なら50万円。



それが、青色になると、

適正な金額で届け出た範囲内であれば、

経費として認められるようになります。





ここで、

青色事業専従者の豆知識を1つ。



この青色事業専従者というのは、

「事業主と生計を一にしている親族」という条件があります。



「生計を一にする」というのは、

別に同居するだけじゃなく、

別居していても仕送り等をしていれば、該当します。



で、大事なのは、

要するに生計を一にしていない親族は、

そもそも事業専従者に該当しない、ということです。



そういう方は、事業専従者じゃないので、

扱いは、他の従業員さんと同じです。



別に、青色事業専従者の届出をしなくても、

普通に当たり前に、給料を払うことができます。



(とはいっても、常識の範囲内ですが)






※過去の青色事業専従者関係記事です!



→→→開業したときの届出のポイント~個人事業者編②

→→→青色事業専従者給与の決め方(その1)

→→→青色事業専従者給与の決め方(その2)

→→→青色事業専従者給与の決め方(その3)

→→→青色事業専従者が他でパートをすると・・・

→→→青色事業専従者と配偶者控除の関係





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
青色事業専従者給与の決め方 | 2009-03-17(Tue) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。