スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

「特定口座」のあれこれ豆知識

今日は、

確定申告しなくてよいパターンの3つ目を

書こうと思ってたんですけど、

ちょっと特定口座の話にしたいと思います。




特定口座で源泉徴収あり、

というパターンについては、さんざん書きましたので、

今日はそれ以外です。






特定口座でも源泉徴収なしを選択してる場合。


この場合は、必ず確定申告しないといけません。




確定申告すると、

自動的に国民健康保険の課税対象にもなってきますので、

源泉徴収ありの特定口座の方が有利です。





その他のパターンとして、

いくつかの証券会社に何個か特定口座を持っている場合。



この場合も、

それぞれの特定口座が全部源泉徴収ありの口座の場合には、

原則、確定申告不要です。




ただし、

損が出てる口座と利益が出てる口座がある場合、

それを相殺しようと思うと、

やっぱりこれも確定申告しないといけません。




相殺後にまだ利益が残る場合には、

それにやっぱり国民健康保険料がかかります。




この場合、

損が出てる銘柄を売却する前に、

1つの特定口座にまとめてから売却すれば、

最終的に利益が出てても、申告不要になります。




申告不要になれば、

国民健康保険もかからない、というわけです。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
株式で損をしたとき | 2009-02-27(Fri) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。