スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

扶養親族が増えると、トクするのは扶養控除だけじゃない?!

扶養控除の話、もうちょっと続きます!



→→→ホントに扶養控除使い切ってますか???


→→→ホントにホントに扶養控除使い切ってますか???




2日間、扶養控除のもれはありませんか?

という話をしてましたが、

それで、扶養控除の対象になる方が出てきた、

とします。




じゃあ、もちろん扶養控除の金額は増えますよね?




でも、それだけ???



ここからがミソです。




つまり、扶養親族が増えた場合、

増えるのは扶養控除だけじゃない、ってことです。




例えば・・・・



●自分の仕送りしてるお金で、医療費を払ってる

→→→医療費控除の対象!!!



●自分の仕送りしてるお金で、長寿医療保険料を払ってる

→→→社会保険料控除の対象!!!



●自分の仕送りしてるお金で、生命保険料を払ってる

→→→生命保険料控除の対象!!!




と、これぐらいのことが考えられます。



医療費控除は、

原則、年間10万円超ないと、医療費控除の対象になりません。


(ただし、所得200万円以下の方は、所得金額×5%を超えていたらOK)




なので、自分だけなら対象にならない場合でも、

新たに増えた扶養親族の方の分も合わせれば、

足切りラインを超える可能性が出てきます。




社会保険料控除は、

金額制限がありませんから、

扶養親族の分を支払っていたら、その分控除額が増えます。




長寿医療(いわゆる後期高齢者医療)保険料は、

扶養親族本人の年金から天引きされているときは、

控除対象にはできないですけど、



納付書で払ってる場合で、その支払をこっちが負担してる、

という場合には、社会保険料控除の対象にできます。




とりあえず、使える控除は全部使っちゃいましょう!





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
扶養控除の活用方法 | 2009-02-09(Mon) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。