スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

予定申告と中間申告は何が違う?

今日は、「予定申告と中間申告」

を取り上げてみたいと思います。




これも、まだ法人を立ち上げて期が浅い

お客さんからけっこうよく聞かれます。




法人を設立して、

第1期目の決算が黒字で税金を払った場合、

第2期目からは、予定申告か中間申告をしないといけません。



この「予定申告」と「中間申告」、

似て非なるものというか、微妙に違います。




予定申告(予定納税)というのは、

前期の決算のときに払った税金の半分を

ちょうど事業年度の真ん中で”前払い”しておくことです。



(実際には、6ヶ月経った時点から2ヶ月以内に支払うことになります。)



なので、申告といっても、

そんなに手間はかからないです。



でも、この場合、

前期は税金を払ったけど、

今期は大赤字やねん!

という場合でも、税金の”前払い”をしないといけなくなります。



(決算のときに最終的に赤字なら、

前払いしてた税金はもちろん返ってきますよ)




その時に出てくるのが、「中間申告」です。




「中間申告」というのは、

6ヶ月の実績で、実際に決算を組んで、

その数字に基づいて申告する、というものです。




なので、さっきの例で言うと、

前期が黒字で税金を払っていたので、

今期は予定納税でその半分を払わないとあかん!



という場合でも、

実際に決算を組んで赤字なら、

その中間決算に基づいて「中間申告」すれば、

納税しなくてもいい、ということになります。




ただ、注意点を2つ。



中間決算をしないといけないので、

要するに、決算とほぼ同じだけの手間がかかります。




あとは、僕が言うのも何ですが、

会計事務所に支払う費用を考えておいて下さいね(笑)。




※今回は、法人に関する話です。

個人にももちろん、予定納税があります。

その話はまた改めてしたい、と思います。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
その他上記以外 | 2009-02-01(Sun) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(1)
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-24 月  01:39:50 |  URL |  # [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。