スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

税金都市伝説~未成年が役員?!(2)

最近の記事です。



→→→税金都市伝説~あの会社に税務調査が来ないホントの理由(1)

→→→税金都市伝説~あの会社に税務調査が来ないホントの理由(2)

→→→税金都市伝説~あの会社に税務調査が来ないホントの理由(3)

→→→税金都市伝説~白色申告の方が???(1)

→→→税金都市伝説~白色申告の方が???(2)

→→→税金都市伝説~未成年が役員?!(1)




というわけで、

昨日は、ちょっと僕が耳にしたことのある、

未成年が役員、という場合について

ご紹介しました。




法律的には、

不可能なわけじゃないけど、

実際問題は厳しい?という感じでした。




では、問題はこれからです。




この未成年役員に役員報酬を支払っていたらどうなるか???




この場合には、

やっぱり本人の意思と責任において、

役員としての行為を全うできているかどうか、

がポイントになるでしょうね。




じゃあ、極端な場合、

自分の子供を役員にして、役員報酬を払ったら、

という話が出てきます。




この場合、

実態が伴っていなければ、

当然、その役員報酬は認めてもらえません。




じゃあ、どうなるか???




恐らく、社長(子供の親)の報酬とみなされて、

本来の社長報酬に合算して課税

ということになる、と思います。




ちなみに、

個人事業主の場合には、

事業専従者、という制度がありますね。




この場合、事業専従者は一応、

その年の12/31現在で15歳以上の親族で、

専らその事業に従事していれば、

事業専従者給与を支払うことができますが、

この場合も学生は原則ダメです。




詳しくはこちら→→→節税”裏技”のホントとウソ<事業専従者と学生>




こういう話を耳にした時には、

基本、眉ツバものだと思って下さい!



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
税金都市伝説 | 2009-01-25(Sun) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)
コメント
15歳未満は、印鑑証明が出せません。
定款の変更などが生じた場合、面倒です。

今は、1名役員で株式は設立できます
2011-03-02 水  17:59:31 |  URL | あいあ #EBUSheBA [編集]
あいあさんへ


わざわざコメントありがとうございます。

勉強になりました。


管理人くらのすけ
2011-03-02 水  23:07:48 |  URL | くらのすけ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。