スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

源泉所得税の納付期限、迫ってますよ!

さてさて、年も明けて、

もう1/10になってしまいましたね。


早いもんです・・・。



ところで、1/10というと、

これです。



”源泉所得税の納付”



今回は、1/10が土曜日なので、

1/13が期限になります。




年末調整をした後の1月の納付というのは、

少し特殊です。




納期の特例、

つまり半年に1回の納付を選択している方は、

普通なら、7~12月分の給料に対する源泉所得税を

この1/10に支払うことになります。




でも、今回は年末調整による還付が出てきますので、

その還付を織り込んだ上での納付になります。



事業を始められたばかりの方からは、

この還付の仕組みを聞かれることがよくあるので、

そこを少し説明しておきます。




まず、毎月役員や従業員に支払う給料から、

源泉所得税を天引きして、税務署に支払ってますよね。




でも、この所得税はあくまで前払いの仮の数字です。




年収を集計して、正しい所得税を計算するのが、

年末調整というわけです。




年末調整すると、たいていの方は、

所得税が還付になります。



還付になる、ということは、

毎月天引きしていた源泉所得税が

ちょっと多すぎたということです。




なので、従業員本人には、

まずその多すぎた金額は返します。




で、税務署にもその分払いすぎてるわけですから、

それも返してもらわないとダメなわけです。




でも、普通はこの手続きは、

次に納付する源泉所得税から、

返してもらう分(払いすぎてる分)を

差し引いて納付することで行います。




1月の納付が特殊、というのは、そういうことなんです。




すると、

還付額の方が大きい場合、納付額が0円になる、

という事態が起こります。。。





その場合の注意点を・・・

と思ったのですが、これは明日にします!





※関連記事

源泉所得税の支払、1日違いで大違い!


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
年末調整 | 2009-01-10(Sat) 11:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。