スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

個人事業主が年末までに必ずすべきこととは・・・(その5)

個人事業主が年末までにすべきこと、

と題してお届けしています。


本日最終日です!



→→→個人事業主が年末までに必ずすべきこととは・・・(その1)

→→→個人事業主が年末までに必ずすべきこととは・・・(その2)

→→→個人事業主が年末までに必ずすべきこととは・・・(その3)

→→→個人事業主が年末までに必ずすべきこととは・・・(その4)

→→→個人事業主が年末までに必ずすべきこととは・・・(その5)




昨日までで所得税の計算はできましたね。



でも、税金はそれだけじゃありません。

その他に、住民税と事業税があります。





最近、所得税の税率が下がって、

住民税の税率が上がったので、

住民税もしっかり計算しておかないと、

後でビックリすることになります。



住民税の計算は、所得税とほぼ一緒です。


課税所得までは、所得税と同じように計算して下さい。



◆利益-青色申告特別控除-所得控除=課税所得



細かい話をすると、

ホントは、所得税の所得控除と住民税の所得控除は

金額が違います。



でも、ここでは、

あくまでざっくり計算するのが目的ですので、

細かいことは気にしないことにします(笑)




所得税と違うところは、税率です。



所得税と違って、住民税は単純明快、

一律10%になってます。



なので、課税所得に10%をかけておしまい。



それが住民税の金額です。



これを6、8、10、1月の4回に分けて支払うことになります。




最後が事業税です。



事業税は計算は比較的簡単ですが、

少しやり方が変わります。




◆(利益-290万円)×5%



※税率は業種によって変わることがあります




事業税のポイントは、

青色申告特別控除の代わりに、

一律290万円を控除すること。





あとは、税率を掛けるだけです。




なので、事業税の「税金分岐点」は290万円になります。



利益が290万円以上か、以下かで、事業税がかかるかどうかが

決まります。



事業税は8、11月の2回に分けて支払うことになります。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
年末までに出しておく届出 | 2008-12-25(Thu) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。