スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

【税制改正大綱】税制改正を読み解くプロの目?!(後編)

税制改正特集をやってます!



→→→【税制改正大綱】自民党がついに発表!!気になる内容は?

→→→【税制改正大綱】平成22年以降の改正もあります【番外編】

→→→【税制改正大綱】税制改正を読み解くプロの目?!(前編)




今日は、税制改正を読むコツ、その3と4です。




【税制改正を読むコツ(その3)】

◆どの税金に対して適用になるのか◆




例えば、所得税が減税になります、と言われたら、

必ず、じゃあ住民税はどうなのか、ということを確認します。



同じように、法人税が減税になります、と言われたら、

じゃあ、法人事業税や法人住民税はどうなの?ということです。



もっと言うと、その先もあります。



所得税が増税になります、という場合には、

その結果、国民健康保険が増えたり、保育料が増えたりしてきます。





【税制改正を読むコツ(その4)】

◆どれだけ減税(増税)になるのか◆




最後が金額の確認です。



金額を見るときに注意するのは、

「所得控除」なのか、「税額控除」なのか、ということです。



例えば、1万円控除します、というだけでは、

収入から1万円控除するのか、税金から直接1万円を控除するのかが

わかりません。





昨日の2つと今日の2つ、

この4つを気にしながら、

税制改正の記事なんかを読めるようになると、

あなたもちょっとした税金通(?)になれますよ!




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
平成21年度税制改正 | 2008-12-17(Wed) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。