スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

【税制改正大綱】税制改正を読み解くプロの目?!(前編)

さて、一昨日、昨日で

税制改正大綱のおおまかな内容はご紹介できました。



→→→【税制改正大綱】自民党がついに発表!!気になる内容は?

→→→【税制改正大綱】平成22年以降の改正もあります【番外編】



今日は、各論に入る前に、

税制改正の読み方講座です。



税制改正というと、

どれだけ減税になるのか、増税になるのか、

ばっかりに目が行きがちですけど、

それだけじゃありません。



ホントに注意して見ておかないといけないのは、

それ以外の項目です。





【税制改正を読むコツ(その1)】

◆誰が適用になるのか◆



これは大きくは、個人に適用される改正なのか、

法人に適用される改正なのか、

それとも両方か、ということです。


ただ、法人でも、今回のように中小企業だけの改正というのもあります。


まずは、改正の対象を確認するのが先決です。





【税制改正を読むコツ(その2)】

◆いつからいつまで適用になるのか◆




次は、じゃあいつから適用になるのか、ということです。


個人なら、何年分から適用か、

法人なら、どの事業年度から適用か。



特に、法人の場合、

”いついつ以後開始した事業年度”という場合と、

”いついつ以後終了した事業年度”という場合の

2パターンの規定の仕方があります。



実務をやってると、この「いつから」というのが一番重要だったりします。


もう1つ。


税金には、期間限定措置、というのがよくあります。



いつまでの規定か、というのも大事です。





明日は、(その3)と(その4)をご紹介します!




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
平成21年度税制改正 | 2008-12-16(Tue) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。