スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

節税重視型会社の欠点とは・・・

昨日から、節税重視型会社と自己資本重視型会社の違い

についての話を始めてます。


→→→節税重視型の会社 vs 自己資本重視型の会社



節税重視型会社というのは、

会社の利益が0になるまで、役員報酬を取って、

法人税は払わず、所得税を支払うことで節税する、

という会社です。



利益が少ないうちは、

その方が所得税率が低いので、節税になる、ということでしたね。



おそらく、中小の同族会社はこっちのパターンの方が多いと思います。

節税面を考えると、こういう結論になりますからね。



でも、いいことばかりではありません。



節税重視型会社にも欠点というか、デメリットもあります。



デメリットの1つ目。

それは自己資本です。



節税重視型会社というのは、

法人では税金をほとんど支払いません。



そのため、自己資本がいつまで経っても、増えないんです。



自己資本というのは、

資本金と、毎年の税引後利益の累計、その合計でできてます。



資本金は増資しない限り、増えないですから、

自己資本を増やすには、

毎年の税引後利益を増やすしかありません。




でも、節税重視型会社では、

会社の利益が0になるぐらいの金額で、役員報酬を設定しますから、

もちろん、税引後利益はほとんどありません。



だから、自己資本は増えないんです。



金融機関は、会社の自己資本をけっこう重視して見ています。

だから、自己資本があんまり薄いと、

融資交渉では不利になってしまいます。



自己資本を増やすためには、

税金を払わないといけない




これは、絶対に知っておかないといけないことです。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
役員報酬の注意点 | 2008-11-20(Thu) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。