スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

棚卸は利益になる?!

決算前になると、よく聞かれることがあります。



それは、


「決算前なんですけど、商品ちょっと増やしても大丈夫ですかね」

「棚卸って利益になるんですか?」


みたいな話です。



棚卸の金額が利益にどう影響するか



ということですね。



ここに疑問を持たれる方がけっこう多いように感じます。


ということで、今日は棚卸の話。






まず、棚卸が多い場合と少ない場合で、

利益はどう変わるでしょうか?





例えば、わかりやすいように、売上は0、全くなかったとします。


で、期首に100万円の在庫がありました。

今期、100万円の仕入をしました。

期末には200万円の在庫が残りました。



このとき、売上原価も当然0ですね。



最初100万円の在庫があって、

さらに100万円の商品を仕入れたけど、売上は0だったので、

その在庫は全部まだ残っていて、期末は合計200万円の在庫。




では、次です。


上の場合で、仕入は100万円じゃなくて、

1,000万円も仕入れてしまいました。


でも、やっぱり売上は0、とします。



この場合、期末には、


期首在庫 100万円+ 当期仕入在庫 1,000万円

=期末在庫 1,100万円


が残っているはずです。

売上が0なんですから、在庫は全く減ってないはずです。




つまり、何が言いたいかというと、


期末在庫がいくらあるか、ということと、

利益がいくらあるか、ということとは直接関係がない



ということです。




例えば、決算1ヶ月前に、1,000万円の利益が出てるとします。


最後の1ヶ月間で、商品をどれだけ仕入れようが、

その商品を売らない限り、在庫がどれだけ増えたとしても、

利益はやっぱり1,000万円です。



まあ、こうやって書くと当たり前のことなんですけど、

実際には混乱される方がけっこういらっしゃいます。



今は、売上0、という前提だったので、当たり前感が強いと思いますけど、

実際の決算の数字を前にすると、ちょっとややこしくなるかも。


明日は、もうちょっとレベルアップします。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
棚卸の注意点 | 2008-11-09(Sun) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。