スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

給与計算のやり方を一から解説します!(その6)

昨日から、給与計算シリーズを再開してます。


→→→給与計算のやり方を一から解説します!(その1)

→→→給与計算のやり方を一から解説します!(その2)

→→→給与計算のやり方を一から解説します!(その3)

→→→給与計算のやり方を一から解説します!(その4)

→→→給与計算のやり方を一から解説します!(その5)



昨日までで、健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税と

一通りの説明は終わりました。



後は、エクセルか何かで簡単な表でも作って、

ぜひ一度計算してみて下さい。



やってみれば、意外にできるものですよ。




今日は、所得税の計算について、

もうちょっと補足してみたいと思います。



給与所得の源泉徴収税額表を見て頂いたら、わかるんですけど、

毎月の給料がいくらになったら、所得税がかかるんでしょうか。



答えは、こんな感じです。


●扶養親族なし・・・・・・・・・・・・・・・・88,000円以上

●扶養親族1人・・・・・・・・・・・・・・・・119,000円以上

●扶養親族2人・・・・・・・・・・・・・・・・159,000円以上

●扶養親族3人・・・・・・・・・・・・・・・・205,000円以上



(ここでいう金額は「社会保険料控除後の給与の金額」です。)



パートさんやバイトさんの場合、

社会保険に入っていない場合が多いでしょうから、

そうなると、毎月88,000円未満なら、所得税の計算はしなくてもいい、

ということになります。



あと、この源泉徴収税額表を見て、

気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、

一番右端にさりげな~く、「乙」という欄があります。



これ、何だかわかりますか???




昨日、扶養控除等申告書を提出しなかったら、

ちょっと所得税が高くなりますよ、と言ってたんですけど、

その答えがこれです。



税額表を見てもらったら、「甲欄」より「乙欄」の方が、

所得税が高くなってますよね。



要するに、

扶養控除等申告書を会社に提出しなかった人は、

「甲欄」ではなく、この「乙欄」で源泉所得税を計算しないといけないんです。




だから、

必ず全員、扶養控除等申告書を出して下さいね、

ということなんです。




ただ、どうしても扶養控除等申告書を出せない人がいます。



それは、2社以上に勤めてる方です。



扶養控除等申告書というのは、

メインで働く会社、1社だけにしか提出できません。



ということで、

2社以上に勤める方が、メインじゃないサブの会社からもらう給料は、

必ず「乙欄」で所得税を計算することになります。




でも、2社以上に勤める人なんておるの???



いますよ!



一番多いのが、会社を複数経営されている社長です。




この場合、甲欄で計算できるのは、

扶養控除等申告書を提出した会社1社だけになりますので、

要注意です。






最後に言い忘れてたんですけど、

住民税を給与天引きにしている会社は、

その住民税を最後に引いて下さいね。



ただ、住民税は必ずしも給与天引きにしなくても大丈夫です。



従業員個人がそれぞれ自分で納付する方法

(これを普通徴収といいます)

を選択することもできます。



会社の事務負担を考えて、

中小企業では、そっちの方法を取っているところも多いです。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
給与計算 | 2008-11-06(Thu) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。