スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

給与計算のやり方を一から解説します!(その3)

給与計算特集、3日目です!


→→→給与計算のやり方を一から解説します!(その1)

→→→給与計算のやり方を一から解説します!(その2)




昨日は、健康保険、厚生年金の保険料の計算の仕方でした。



この保険料の計算で、一番多い間違いが、

その月の給料の金額で、保険料額表を見てしまう、

という間違いです。




例えば、

従業員Aさんは、社会保険事務所に、

標準報酬月額を300千円として届け出てます。



でも、今月は給料が320千円になりました。


そのときに、保険料額表を「320千円」として見てしまう、

という間違いです。




正しいのは、「300千円」の保険料です。




なぜ間違いなのか、わかりますか???


これが、社会保険のちょっとわかりにくいところです。




給料が320千円になっても、

届け出てる報酬月額は「300千円」ですよね。



だから、その届け出た金額に基づいた保険料を天引きしておけばいいんです。




じゃあ、どれだけ給料がアップダウンしても、

最初に届け出た報酬月額の保険料でいいのか、ということになります。




これについては、

原則、報酬月額が2等級以上変わった場合には、

報酬月額変更の届出をすることになってます。



(「等級」というのは、保険料額表に載ってます。)



それまでは、変更の必要はなし、ということです。



ただ、2等級以上の変更があった場合でも、

保険料が実際に変わるのは、その給料の変更があった月から

4ヶ月目になります。



つまり、2等級以上変更になっても、

変更になってから3ヶ月間は、やっぱり前の保険料のまま、

ということです。



このへんは、正直ちょっとややこしいですね。


僕自身も最初の頃はよくわかってませんでした。




ただ、経験からいうと、

中小企業の場合、毎月の給料があんまり変わらないところが多いので、

そんなに気にしなくても大丈夫なケースが多いと思います。



あとは、この保険料額表がけっこうよく変わります。


少なくとも毎年9、10月には、必ず変わります。



新しい料額表は、社会保険事務所から送られてくると思いますので、

それは捨てずに置いといてください。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
給与計算 | 2008-10-28(Tue) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。