スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

リースと特別償却と税額控除(その1)

ちょっと日があきましたが、

リースの話をしてましたよね。



今日は、ちょっとおまけ的な話を少し。



みなさん、

特別償却と税額控除という制度を知ってますか?



何か金額の大きな資産を買ったときには、

減価償却を特別に増額できたり、

税金をちょっと少なくできたりする特例があるんです。



特別償却というのは、

その名の通り、特別な償却です(笑)



例えば、200万円の資産を買った場合。


普通に減価償却を計算すると、

例えば、30万円だったとします。



特別償却というのは、

これにプラス、取得価額の30%の償却ができる、

というようなものです。



だからこの場合、減価償却は、


30万円+200万円×30%=90万円


ということになります。



国が設備投資を推進する意味で、

こういう制度を作ってるんですね。



問題は、どんなものをいくらぐらい買ったときに、

特別償却ができるのか、ということですが、

実は特別償却の種類はいろいろあります。



それぞれに要件が違うので、

代表的なものを書いておくと、



●1台160万円以上の機械

●1事業年度で取得したパソコンや複合機の合計が120万円以上の場合

●1事業年度で取得したソフトの合計が70万円以上の場合



というような感じで、

たいていは中小企業だけの特例になってます。



で、リースしたときはどうなのか、というと、

リースには、この特別償却は使えないんです。



特別償却は、リースじゃなく、購入したときの特例になります。



ただ、この「購入」の中には、「分割購入」は含まれますよ。



ちょっと高額の資産を買うとき、

リースにするか、借入で買うか、分割で買うか、

この特別償却というのも、ちょっとした違いになってきます。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
リースの活用方法 | 2008-10-22(Wed) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。