スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

リースはいつ組むのがいい?~リースと消費税の関係(その1)

今日も、同じリースの話なんですけど、

ちょっと視点を変えてみます。



リースはいつ契約するのが一番いいでしょう???



まあ、これもケースバイケース、

いろいろあるでしょうけど、

その中でも今日は消費税に的を絞ってみたい、と思います。



その前に、少しばかりうんちくを。




実は、リースに関する会計、税務の取扱いというのは、

この4月から大きく変わりました。



今までなら、中小企業がよく使ってるリースというのは、

普通に毎月リース料を支払って、そのリース料が経費になる、

という実に単純なものだったんです。



それが、この4月からどうなったか、というと、

簡単に言うと、リースで使ってるものもちゃんと資産計上しなさい、


ということになりました。




難しい話はここではとりあえずおいとくとして、


「で、資産計上したら結局どないなんねん!」


ということですが、結局経費にできる金額は変わりません。




ちょっと仕訳の仕方が変わるだけですね。




とりあえず、毎月のリース料がこれまで通り経費になる

と思ってもらって大丈夫です。




ただ、1つ大きく変わることがあります。



それが最初にお話しした消費税です。



消費税というのは、基本的には、


売上と一緒に預っている5%部分の消費税から、

仕入や経費と一緒に支払っている5%部分の消費税を引いた金額


を税務署に払ってくださいね、という仕組みです。



一応、これが原則です。



会計用語では、売上部分の消費税を「仮受消費税」、

仕入、経費部分の消費税を「仮払消費税」といいます。



納める消費税=「仮受消費税」-「仮払消費税」

となります。



要するに、仮払消費税が多ければ、消費税は少なくなる、ということです。



それを分かって頂いた上で、

リースの消費税、何が変わったかなんですが・・・・・



リース総額分の消費税を、リース契約時にいっぺんに計上できるようになりました!



詳しくは明日にします!


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
リースの活用方法 | 2008-10-16(Thu) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。