スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

リースと購入、どっちにすればいい?(その3)

リースと購入、どっちが有利か、という話をしてます。



→→→リースと購入、どっちにすればいい?(その1)

→→→リースと購入、どっちにすればいい?(その2)



今日は、分割購入とリースの違いを考えてみようと思います。



キャッシュフロー、資金繰りという面から考えると、

どちらも分割払いであることには変わりありません。



違いは、減価償却にあります。



またまた、複合機100万の話でいくと、

分割払いの場合には、償却方法は定率法です。



というわけで、最初の数年は減価償却が大きく取れます。



一方、リースの場合には定額になるので、

基本的には、毎月の支払額が経費になります。



この場合、最初の数年で見ると、

分割購入の場合より減価償却は少なくなります。



というわけで、

利益面からいくと、分割購入に軍配が挙がります。



ただ、しつこいようですが、

結果的には、どちらの場合でも、

全て減価償却で費用になりますから、

経費になるのが早いか遅いか、の違いだけですよ。



早めに多くの減価償却費を計上できることが、

必ずしも有利になるとも限りませんけど、



一般的には、早めに計上できるほうがいいですよね、ということです。




今までの話を総合すると、

利益とキャッシュフロー、という2点のみに絞った場合、

購入とリースの優先順位は、僕はこんな感じに考えてます。




【第1位】 分割購入

  最初の減価償却費が大きくなり、資金繰りもラク


【第2位】 リース

  減価償却費は定額だが、資金繰りはラク


【第3位】 借入で購入

  最初の減価償却費は大きく取れ、資金繰りもラクだが、

  金融機関の借入枠が減ってしまう


【第4位】 自己資金で購入

  最初の減価償却費は大きく取れるが、資金繰りは厳しい




まあ、もちろん、

利益が出てるか出てないか、現金がたっぷりあるかないか、など

そのときの状況によっても判断は変わってくるでしょうし、

判断基準は他にもいろいろあると思います。



あくまで、これは一例ということですよ。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
リースの活用方法 | 2008-10-15(Wed) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。