スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

青色事業専従者給与の決め方(その3)

さて、昨日の続きいってみましょう!


→→→開業したときの届出のポイント~個人事業者編②

→→→青色事業専従者給与の決め方(その1)

→→→青色事業専従者給与の決め方(その2)




昨日までで、

大きく2つの考え方が出ましたね。



●青色事業専従者給与は、自分の所得より少ないことが原則


●自分の課税所得と青色事業専従者給与の課税所得をほぼ同じにすれば、

 2人の合計した税金は最も少なくなる

 (青色事業専従者が1人の場合)




この2つ目は、実はちょっと奥が深~い話です。

他のいろんな要素も絡んできますので。


でも、まずはそんなもんだと思って下さい。




今日は、青色事業専従者給与の決め方、最後です。



最後の原則は、


「職務内容にあった妥当な金額にする」


ということです。



まあ、これも当たり前といえば当たり前の話なんですが。



考え方としては、


同じ仕事を他人さんを雇ってする場合に、

いくらぐらい払いますか?


ということですね。



あんまり高すぎる金額は、経費として認められないですから。



これは前のブログで紹介してますが、

青色事業専従者給与は、

だいたい全国平均が200万ちょっと、というところです。




ボーナスなしで考えれば、

月20万円程度、というところですかね。




もちろん、仕事の内容にもよるんでしょうけど、

僕も感覚的にはそんなもんやなー、と思います。



月25万円になると、年間300万円です。



このあたりを越えてくると、

内容次第ではちょっと微妙になってきますので、

要注意です。



もちろん、いくらまでなら絶対OK、とか

そんな基準はありませんので、

あくまで個別判定が前提ですよ。



あとは、昨日までの原則と合わせて、

総合的に考えて下さい。



これで、だいたい妥当な金額が出ると思います。

関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
青色事業専従者給与の決め方 | 2008-10-10(Fri) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(5)
コメント
青色申告の個人事業主です。
専従者給与についての率直な感想を頂けないでしょうか。

売上は年収1500万
経費は300万
専従者給与は350万

当方はウェブ作成・運営を手がけています。
相場の月収は20万~40万ぐらいだと思うのですが、MAXの40万を専従者の参考給料として利用したく思っています。

そうすると専従者給与が500万ぐらいになるのですが、妥当な給料であることを説明できれば問題ないと考えていいのでしょうか。

相場とはいっても技術の差によってその月収も変わって来ると思うのですが税務署としては説明になっとくできればそれ以上追求してこないものなのでしょうか?
2009-03-20 金  20:24:57 |  URL | サノウ #ORyjlEF2 [編集]
サノウさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます。

ご質問の件についてお答えします。

青色事業専従者給与を決めるのは、
確かに難しいですね。

サノウさんがおっしゃる通り、
もちろん妥当な給料であることを説明し、
税務署が納得すればOKです。

その際、税務署は次のような項目で
判断してきます。

●事業の種類、規模、利益
●事業専従者の仕事内容、勤務状況
●事業主本人の所得とのバランス
●同業者の青色事業専従者への支払金額
●他に従業員がいる場合には、その従業員への支払金額

このあたりを納得させることが必要になります。

ここからは、僕の個人的意見なんですが、
青色事業専従者給与で年収500万円というのは、
感覚的にはやはり高いと思います。

僕の経験上も、今までそこまでの事業専従者給与は
あまり見たことがありません。

だからといって、必ず税務署に否認されるか、というと、
こればかりはわかりません。

ただ税務署も僕と同じような感覚を持っている、
とは思います。

ポイントになるのは、
同業者の平均金額でしょうか。

税務署が否認してくるとしたら、
この同業者の平均金額を持ってくる可能性が高いです。

そのあたりの相場と大きくかけ離れていないのであれば、
認められるかもしれません。

はっきりとはお答えできませんが、
いずれにしても、このレベルの金額になると、
否認されるリスクがあるというのは覚悟して下さい。


これは直接ご質問とは関係ありませんが、
ここまで利益が出てくれば、法人成りされてもいいのかな、
とも思います。

この規模になれば、一般的には法人の方が節税できます。

法人化して、専従者の方も役員にすれば、
年収500万円ぐらいの役員報酬は全く問題ありません。

売上も1,000万円を超えておられるので、
消費税の問題もあります。

もちろん、法人化は他の要素もちゃんと考慮した上で判断しないといけませんが。

あくまで参考程度に聞いて頂ければ幸いです。


管理人 くらのすけ
2009-03-20 金  23:48:27 |  URL | くらのすけ #- [編集]
くらのすけさん

アドバイスありがとうございます。とても参考になりました。

法人も考えてはいるのですが、アフィリエイトやネット広告についての知識がある税理士が近くにいないため二の足を踏んでいます。

もし県外の税理士さんにお願いしたら、税務署の方で何かチェックが入ったり(印象が悪くなったり)するのでしょうか。
2009-03-21 土  04:44:58 |  URL | サノウ #ORyjlEF2 [編集]
サノウさんへ

こんにちは。

> もし県外の税理士さんにお願いしたら、税務署の方で何かチェックが入ったり(印象が悪くなったり)するのでしょうか。

その心配は要りません。

税務署の印象が悪くなるようなことは一切ありませんが、
それとは別の問題として、
きちんとコミュニケーションが取れるかどうか、
とか、税務調査の時に対応してもらえるのか、
というようなことの方が大事だと思います。

離れていても、そこがクリアできるのであれば、
いいと思いますよ。

頑張って下さい!


管理人 くらのすけ
2009-03-21 土  10:39:42 |  URL | くらのすけ #- [編集]
度々のアドバイスありがとうございます。
とても参考になりました。
今後もブログの更新楽しみにしています。
2009-03-21 土  20:09:49 |  URL | サノウ #ORyjlEF2 [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。