スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

決算対策でのひとコマ~赤字決算を回避せよ!(その3)

→→→決算対策でのひとコマ~赤字決算を回避せよ!(その1)

→→→決算対策でのひとコマ~赤字決算を回避せよ!(その2)



(前回)家賃の前払いを経費から外し、30万円未満のパソコンとプリンターを資産計上、
社長の昼食代を社長借入と相殺して、利益を確保した税理士。次は交際費に手を付けます。




税理士「あと、交際費なんですけど。いくらか社長が自腹で持ってもらえるんなら、

     その分は経費から外せますよ。」



社長 「そうですか、じゃあ、10万円ぐらいは僕持ちますわ。」



税理士「わかりました、社長借入がまだ残ってますから、これも相殺しときましょう。」



税理士「社長、決算期末に棚卸されてますよね。」



社長 「ええ、やってますよ。」



税理士「その棚卸の明細見せてもらえますか」



社長 「はい、どうぞ。」



税理士「社長、この棚卸の単価なんですけどね、いつの単価にしてます?」



社長 「それは仕入れたときの単価ですね。」



税理士「そうですか、社長のところは、最終仕入原価法っていう評価方法で

     評価しないとダメなんですけど、これは、その名の通りで、同じものなら、

     1番最後に仕入れたときの単価で評価しないとダメなんですよ。」




税理士「今は単価上がってきてるでしょうから、この明細、最終仕入単価に

     直したら、棚卸もうちょっと増えるんじゃないですかね。」



社長 「そうなんですか?棚卸が増えたらどうなるんですか?」



税理士「棚卸が増えたら、その分だけ利益になりますよ。」



社長 「そりゃええことですね!ちょっと調べますわ!」




~30分後~



税理士「社長、また他にも何かないかどうかちょっと考えときますけど、

     とりあえず、今日出てきた項目だけちょっと整理しときましょうか。」



    ●締め日以降の売上・仕入計上・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100万円
    ●前払家賃・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20万円
    ●パソコン、プリンターの資産計上・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 30万円
    ●社長の昼食代・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5万円
    ●交際費の振替・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10万円
    ●棚卸単価の修正・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20万円
                                              
    合計                                 185万円



税理士「これで、185万円利益が増えますね。今が150万円ぐらいの赤字

     ですから、ちょっと黒字にできるんじゃないですかね。

     ただ、これから決算修正で細かいところも修正していきますから、

     最終的にはどうなるか、まだちょっとわからないですけどね。」



社長 「ありがとうございます!何とかなりそうな感じですね。」




(コメント)実際には、こんなにうまくいくことは少ないかもしれませんが、

あきらめずにいろいろ積み重ねていくと、何とかなるときもあります。

まあ、いろいろ調べたら、逆の結果になった、というときもありますが・・・。

関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
ちょっとした会話形式の読み物 | 2008-09-26(Fri) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-10-05 日  01:19:29 |  URL |  # [編集]
こんにちは。先日はありがとうございました。今回もご質問にうかがいました。お忙しいところ申し訳ありませんが、お答えいただけたなら嬉しく思います。できるだけ簡潔に書きますが、なにぶん素人ですので、解りずらい点などあるかと思いますがお願いいたします。

私は現在合同会社の代表をしております。個人的に請け負う仕事が主で、他に株式の取引を行っています。設立は10月で、決算まで1年あります。

また、ボランティア活動団体の代表をしています(NPO法人にはなっておりません)
株式で得た利益について、会社の損益に計上するなどして、節税する方法などありますでしょうか?今年の取引の成績はやや利益が出たぐらいです。また証券口座は個人名義です。

会社の利益を慈善事業に寄付した場合、所得税法の控除が利くとなっていますが、寄付した先が、自身の運営する団体(非法人)の場合でも適用されるのでしょうか?

もうひとつ、これは私の友人でご主人の社会保険になっている奥さんが、商売を始めたいといっているのですが、奥さんが法人を立てた場合、夫の社会保険から外れるのでしょうか?立てた場合のメリット・デメリットについて知りたく思います。
いつも面倒な質問ばかりで申し訳ありませんが、もしお時間がありましたなら、どのような形でも構いませんのでご返答いただけたなら有難く存じます。

たかはし
2008-11-01 土  07:28:40 |  URL | たかはし #QVqSrz.Q [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。