スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

事業年度の決め方<其の二>~税金の支払月に注目!

まだまだいきます!「事業年度の決め方」特集です。

今日のポイントは、

「税金の支払月に注目してみよう!」

です。

例えば、3月決算法人の場合、
1年間の納税スケジュールはこんな感じになります。

尚、そもそも赤字の場合や利益が少ない場合は予定納税はありません。
 また、消費税が毎月納付になるケースは除外してます。)

4月
5月・・・・・法人税、消費税、地方税の確定申告
6月
7月
8月・・・・・消費税の予定納税
      (5月の確定申告で、年税額が500万円以上だった場合のみ)
9月
10月
11月・・・・法人税、消費税、地方税の予定納税
      (消費税は、年税額が60万円以上だった場合のみ)
12月
1月
2月・・・・・消費税の予定納税
      (5月の確定申告で、年税額が500万円以上だった場合のみ)
3月

5月は申告月ですので、もちろん税金の支払があるんですが、
そのあとの予定納税のことも考えておかないといけません。

会社を作って最初の事業年度は、
予定納税はありませんが、
1期目でそれなりの金額(※)を納税すると、
2期目から予定納税(税金の前払いですね)が発生します。

(※例えば、法人税の場合には、年税額20万円以上です。)

つまり、5、8、11、2月と税金の支払いが発生する可能性があります。

業務上、どうしてもお金の少ない時期が、
この税金の支払月に重なってしまうと、
なかなか資金繰りが厳しくなります。

今日は、
そんなことも少し頭の片隅に置きながら、
事業年度を決めてみてはどうでしょう?
という話でした。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
事業年度の決め方 | 2008-03-24(Mon) 20:58:53 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。