スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

節税”裏技”のホントとウソ<不動産賃貸で本当に節税できる?>

新聞の節税記事へのツッコミ特集をやってます。


1日目→→→節税”裏技”のホントとウソ<事業専従者と学生>

2日目→→→節税”裏技”のホントとウソ<仕事を兼ねた家族旅行は経費?>



というわけで、今日は3日目です。



今日のテーマは、


   「不動産投資で本当に節税できるのか?!」


です。



この新聞の記事にも、



サラリーマンの方が不動産投資で赤字を出して、

その赤字を給与所得と相殺することで、

長期間、節税をしてきた、



という事例が載ってました。



この節税、○か×か?!



不動産所得で赤字が出れば、給与所得と相殺できるのはホントです。

その場合には、給料から天引きされてる所得税が返ってきます。



確かに、不動産賃貸業を始めると、

最初の時期は、赤字になることが多いです。



その理由としては、

最初は登記費用や不動産取得税など、

いろいろと経費がかさむということが1つ。



もう1つは減価償却費です。



こっちの記事にも書いてますが→→→開業したときの届出のポイント~個人事業者編③

開業時に定率法の届出を出しておけば、

最初の数年で大きな減価償却費を計上することができます。



というわけで、

最初のうちは確かに節税効果もあるでしょう。



でも、

長期的に見て、ほんとにオススメの節税方法かというと、

少なくともそんなことはありません。




初期の赤字は、減価償却費によるところが大きいです。



でも、定率法の場合、

減価償却費はだんだん少なくなってきます。



だから、普通にやってれば、

数年で不動産所得も黒字になってきます。



というか、

黒字になってこないと、そもそも不動産賃貸やってる意味がありません。



じゃあ、なんで長期にわたって、

不動産所得が赤字で節税ができ、

それでも不動産賃貸業が回ってるのか。




ここからはあくまで推測ですが、


それはグレーゾーンの経費をたくさん突っ込んでるから、


だと思います。




もっと言うと、


本来なら経費にならないような個人的な経費を

いろんな名目で経費として計上してるから、


ということです。


もちろん、そんな人ばっかりじゃない、ということは言うまでもありませんが



そりゃ中には、

いろいろ節税の勉強をして、きちんとまっとうな申告をして、

その上で、税金の還付を受けてる方もいる、と思います。


でも、それは恐らくごくごく少数派です。



それに、これも全くの個人的意見ですが、

不動産というのは、

少なくとも片手間に経営して儲かるほど、

簡単なものではない、と思います。



ちょっと節税になるから、

ぐらいのつもりで手を出すと、

かえって大きな火傷にもなりかねません。



今日はちょっと辛口になってしまいましたが・・・・・



明日、僕がお伝えしたいことをまとめたい、と思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
不動産賃貸 | 2008-09-18(Thu) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(1)
コメント
参考になりました。ありがとうございます。感謝です。
2009-02-20 金  20:34:18 |  URL | ツイてる! #M79fGODU [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。