親族以外を役員にしたらどうなる?

最近は、家族を役員にする場合の注意点について、

いろいろと書いてきました。



今日からは、家族以外の第三者を役員にするときの話を。



友人と共同で立ち上げた会社、という場合もそうですが、

同族会社でも、優秀な人がいれば家族以外でも役員にしようか、

というような場合もありますね。




最近、実は決算対策の1つとして、

全くの第三者である従業員を役員に登用する、

という方法があるんです。




”決算対策”というからには、

これで節税できる場合がある、ということです。


(もちろん、全ての会社に当てはまるわけではないですけど)



「家族以外の従業員を役員にするだけで、なんで節税になんの?」

と思いますよね、普通は。



(形式だけではもちろんダメですよ!)



だ~いぶ以前に、


「業務主宰役員給与の損金不算入」


という規定があることをご紹介したんですけど、

それに絡む話です。



忘れた方はこちらへどうぞ!

→→→社長の給与の2~3割が経費にならなくなります

→→→該当する会社はこちら

→→→ある程度利益の出てる会社が対象です



ごくごく簡単にわかりやすく言うと、

たいていの同族会社は、

社長報酬を支払う前の利益が1,600万円を超えると、



社長報酬のだいたい2~3割が、

税金を計算する上では、経費として認められなくなる、

という規定です。




要するに、

他人さんを役員にすることで、

この規定の対象外になる場合がある、

ということですね。




これについては、

もちろん一筋縄でいく話でもないので、

明日から詳しく書いていきます。




PS. やったー、ソフト金メダル!!!

みんなすげー!!!おめでとう!!!



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
役員の決め方 | 2008-08-21(Thu) 22:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)
コメント
ソフト感動しましたね!
決勝は仕事で見れなかったんですが…前日の上野投手の力投、チームの勝ちへの思い…見習いたいです(^o^;)
2008-08-22 金  08:39:31 |  URL | じゃん #195Lvy4Y [編集]
じゃんさん、コメントありがとうございます!

本当に感激して、思わずブログに書いてしまいました。
連戦連投の上野投手、それを支えたチームメート、監督、コーチ、そして解説の宇津木元監督も・・・・・。

ほんとに鳥肌が立ちました。
2008-08-22 金  21:33:22 |  URL | くらのすけ #IdYH/e2g [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース