スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

個人と法人で、生命保険の税金はどう違う?

今日も、

保険料の話。




■法人は、幅が広がります




昨日まで、

個人の生命保険料控除の話をしていました。




事業をされていない、一般の個人の方については、

生命保険料控除という制度はありがたいものかもしれません。




ただ、

個人事業主の方については、

実は、そうでもありません。




だって、

いくら生命保険料を払ったとしても、

所得税の所得控除で、10万円とか12万円しか

控除が受けられないわけですから。




これが、

法人になると、保険料が経費で落とせることになります。




最近は、保険料を全額経費にできる保険は

少なくなってきましたが、

保険料の半分を経費にできる保険は、今も健在です。




ここが、法人成りのメリットの1つです。




ただし、

保険というのは、払うばかりでなく、

もらうときのことも考えないといけません。




個人で、満期保険金などをもらったときは、

一時所得になります。




一時所得は、

最高50万円の特別控除がある上に、

所得が2分の1になるので、

実質、税率は半分以下になります。




かなり優遇されているわけです。




また、

医療保険から支払われた入院給付金などは、

所得税非課税です。




一方、

法人の場合はというと、

満期などで保険金が入ってきたときには、

他の利益と合算されて課税されます。




実効税率は、

所得によっても変わりますが、

最高40%ぐらいでかかってきます。




一時所得よりも、税金は高くなります。




また、

医療保険からの保険金等であっても、

全て課税対象です。




まあ、

その代わり、役員退職金を支払えたりしますので、

課税を回避する方法もあるわけですが。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
その他上記以外 | 2012-10-26(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(1) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/11/05 08:06 | まっとめBLOG速報 | まとめ【個人と法人で、生命保】 今日も、保険料の話。■法人は、幅が広がります昨日まで、個人の生命保険料控除の話をしていました。事業


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。