スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

新・生命保険料控除、これだけわかれば大丈夫!(その2)

では、

昨日の続きです!




■ポイントはここだ!




生命保険料控除の話でしたね。




介護医療保険料控除が、

新しく創設され、「何じゃそれ」と思われている方も

多いかもしれませんが、

実は、そっちはシンプルです。




新契約しかありませんし、

介護医療保険料控除かどうかは、

保険会社から送られてくる控除証明書に

書いてありますし。




問題は、

一般生命保険料控除と個人年金保険料控除で、

新契約と旧契約の両方がある場合です。




この場合、

どれをどうやって計算するのか、

こんがらがるかもしれません。




簡単に言うと、

一般生命保険料控除、個人年金保険料控除のそれぞれで、

3種類の計算をして、その中から最も控除額の多いものを

選択する、ということです。




1つ目は、旧契約のみで計算。




新契約はないものとして、

旧契約のみで、改正前の計算方法で計算します。




だから、今まで通りです。

適用限度額は、所得税5万円、住民税3.5万円。




2つ目は、新契約のみで計算。

旧契約はないものとして、新契約のみで、

改正後の計算方法で計算します。




適用限度額は、

所得税4万円、住民税2.8万円。




ちなみに、

旧契約では、年間保険料10万円で、

控除額はMAX(所得税5万円、住民税3.5万円)でした。




新契約では、

年間保険料8万円で、

控除額MAX(所得税4万円、住民税2.8万円)になります。




3つ目は、

1つ目で計算した金額(旧契約のみ)と

2つ目で計算した金額(新契約のみ)を合計します。




ただし、

限度額は、所得税4万円、住民税2.8万円です。




この3つの中で、

一番控除額が多いものを選択すればOKです。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
所得税 | 2012-10-25(Thu) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(1)
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-04-19 金  21:54:17 |  URL |  # [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。