スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

続・遺言書のデメリットとは?

では、

昨日の続きです。




■それなりに大変です




遺言書のデメリット、

もう少し続けたいと思います。




遺言書を書くとき、

確実なのは、公正証書の形にしておくことです。




これを

公正証書遺言といいます。




公証役場に行って、

公証人に遺言書の内容を説明した上で、

作成してもらう遺言書です。




自筆証書遺言と違って、

書き方を間違って無効になる心配はありませんし、

遺言書の原本が公証役場に保存されますので、

紛失する心配もありません。




ただし、

この公正証書遺言も万能というわけでは

なさそうです。




自筆証書遺言を作るのも大変でしたが、

公正証書遺言も、結構大変です。




戸籍謄本や住民票、印鑑証明

登記簿謄本などを準備しないといけません。




また、

作成に立ち会ってもらう証人が2人必要です。




証人は誰でもいいというわけじゃなく、

利害関係のある身内などはダメです。




費用もタダじゃありません。

相続財産の金額によって、手数料がかかります。




何回も作り直したりすると、

それなりの費用がかかります。




また、

前回、遺言書は新しい日付のものが有効、

という話をしましたが、

それは公正証書遺言の後に、

自筆証書遺言を作った場合でもそうです。




自筆証書の方が新しければ、

そちらが有効です。




公正証書だからといって、

自筆証書よりも効力が上、ということはありません。




遺言書を作るメリットを

否定するつもりは全然ありませんし、

むしろ必ず作っておかないといけない場合

というのもあります。




でも、

それが万能ではない、ということも

同時に知っておいた方がいいと思います。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
相続関係 | 2012-10-12(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。