スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

給料を額面で見るか、手取りで見るか?

今日は、

「額面」と「手取り」の話。




■角度が変われば、景色も違う




給料というのは、

同じ金額を支払っていても、

従業員と経営者では、受け取り方が違うものです。




従業員が思う給料というのは、

給与の振込口座に振り込まれた金額。




それが、給料です。

その振り込まれた金額で、実際に生活をするわけですから、

いくら控除されたとか、そんなことは

正直あんまり関係ないわけです。




正味、手取りでなんぼあるか。

これが大事です。




一方、経営者の側はというと。




逆に、

手取りでいくら振り込んでいるか、というのは、

あんまり知らないでしょう。




振り込むのは、経理の方でしょうから。




経営者は、何で給料を見ているかというと、

毎月の試算表や決算書でチェックしています。




この場合、

出てくる数字は、額面金額です。




また、

給料単独でチェックしているわけではありません。




社会保険料の会社負担分、

労働保険料、通勤交通費など。




いわゆる人件費として、

全体の金額で見ています。




だから、

額面30万円の給料であっても、

実質35万円ぐらいの人件費だな、

といった感覚です。




こればっかりは、

立場の違いですね。




手取り、という意味でいうと、

同じ額面の給料であっても、

扶養の有無などによって、

手取り金額は変わってきます。




考えてみれば、

法人の税金も一緒ですね。




昨日の話に戻りますが、

同じ利益であっても、

同じ税額になるとは限らないですからね。




う~ん、

なかなかうまくいかないもんだ。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
息抜きの雑談 | 2012-10-05(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。