スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

これからの相続の話

今日は、

「相続」について。




■相続問題の大半は税金以外




これからは、高齢化が進み、

税金の発生する相続も、発生しない相続も、

どんどん増えていくことになります。




というわけで、

今、相続ではどんなことが問題になっているのか、

ちょっと取り上げてみたいと思います。




まず、高齢化ということは、

痴呆症だったり、認知症だったりと、

そういう状態が増えてきます。




すると、

介護の世話などをしていた相続人は、

その分、財産を多くもらいたい、

他の相続人は、それを認めない。




そこに、遺言書が出てくる。




でも、

その遺言書は誰かが、無理やり書かせたんじゃないの?

本当に有効なの?




と、遺言書の正当性が争われる。




そもそも、

財産も不動産が大半。




分けるにも分けにくいし、

不動産は、まだこれから値下がり

するかもしれないし、もらうなら現金がいい。




などなど。

そんな争いが増えてきます。




また、高齢化によって、

相続人の側も、相続発生時には

それなりの年齢になっています。




老老介護などと言われてますよね。




中には、

相続人の方が先に亡くなっているケースもあります。




その場合、

代襲相続といって、亡くなられた相続人の相続人が

財産をもらう権利があります。




そうなると、

相続人の人数が増え、分割協議も大変です。

なかなかまとまりにくくなります。




特に、

お互い住んでいる場所がバラバラだったりすると、

なおさらです。




相続税がかからなくても、

財産は分割しないといけません。




相続なんて関係ない、では

済まされないかもしれませんよ。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
その他上記以外 | 2012-09-27(Thu) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。