スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

消えた埋蔵金を探せ!

今日は、

資金調達の話。




■よ~く考えよ~、お金は大事だよ




お金が足りない!

資金繰りが厳しい!




そんなときには、

「資金調達」を考えると思います。




ここで、

金融機関から「資金調達」するのも、

1つ。




でも、

万が一、それができなければ、

どうしますか?




そんなときは、

自社の埋蔵金を探してみましょう。




お金が足りない、資金繰りが厳しい、

その根本原因には、営業が赤字だということもありますが、

お金が何か他の資産に変わっていることも

よくあります。




よ~く、決算書、試算表を眺めてみて下さい。

この場合、見るのは貸借対照表です。




埋蔵金が見えてきませんか?




例えば、棚卸資産。

2~3年前の金額と比べてみて下さい。




気付かないうちに、

結構増えてしまっている、ということがあります。




その増えた金額は、

「埋蔵金」である可能性があります。




その他、

仮払金や立替金、貸付金などなど。




お金として回収できる「埋蔵金」が

埋もれているかもしれません。




貸借対照表に載っている金額は、

簿価ですので、回収可能金額ではありませんが、

それでも、可能性はあります。




棚卸資産を毎月50万円ずつ、

お金に換えて回収していく、と考えれば、

年間600万円の「資金調達」になります。




考え方次第では、

これも「資金調達」、借入と同じ効果です。




あなたの会社にも、

宝の山、眠っていませんか?



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
資金繰り | 2012-09-18(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。