スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

印紙税を節約するには?

では、

昨日の続きです!




■それは合法なのか、と聞かれれば




昨日は、

印紙税を甘く見てはいけない、

ということでした。




では、

印紙税を節税する方法はないんでしょうか???




印紙税というのは

「紙ベース」で書類を作成したときに、

かかってくる税金です。




なので、

それを回避しようとすると、

「紙ベース」の書類を作らない、

ということになります。




具体的には、

メールやFAXのやり取りで問題ないものは、

それで済ませてしまう。




実際、実務ではそういうことも多いと思います。




もちろん、

契約書が省略できない場合も多々あり、

そこは避けて通れないわけですが。




あと、

巷でよく話題になるのが、

印紙税がかからないように、金額を分割する、

というものです。




例えば、

3万円以上の領収証を発行する場合には、

印紙税がかかります。




なので、

1万5千円の領収証2つに分けて、

印紙税を回避する、というものです。




正直、

これは微妙です。




確かに、表面上はそうなります。




金額を分割すること自体も、

今の法律では一応、違法ではありません。




なので、

こういう情報が出回っているんだと思いますが、

やっぱり何か変、というか、無理やり感は拭えません。




要は、

モラルの問題、程度の問題、

ということもあると思います。




少なくとも、

今の法律では違法じゃないんだから、と

大きな顔をしてすることではない、

と個人的には思いますが。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
その他上記以外 | 2012-08-29(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。