スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

決算対策を考えるときに必要な3つの要素

昨日に続き、

決算対策の話。




■大事なのは、成長を継続させること




昨日の記事の中で、

「思ってたより利益が出過ぎた」と

書きましたが、

このご時世に、利益が出過ぎるなんて、

贅沢な!と思われるかもしれません。




でも、

利益が出過ぎるということは、

決していいことばかりじゃありません。




会社にとっての最大の目標は、

成長を続けることです。




成長を続けるためには、

急成長はよくありません。




今期の業績が大幅に上がると、

来期以降は、成長を継続させるためのハードルが

上がってしまいますし、

急成長は、必ずどこかでひずみが来るものです。




利益が出過ぎると税金が高くなるので、

節税という面もあるんですが、

緩やかな成長のため、利益を調整していく、

という考え方も大事だと思います。



(もちろん、できる範囲内での話ですが)




そのためには、

決算対策を行って、利益を抑えていく、

ということになります。




決算対策をする場合の要素は、

主に3つ。




利益と税金とキャッシュです。




この場合、

緩やかな成長に持っていくためには、

前期より少し上乗せしたぐらいの利益、という

着地点の目標があります。




その利益に持っていくためには、

何らかの決算対策が必要です。




決算対策には、

お金の要るものと要らないものがあります。




もちろん、

お金の要らない対策が優先です。




それでも、

目標の利益に達しないなら、お金の要る対策を

追加します。




お金の必要な決算対策は、

資金繰りの面だけ考えると、損です。




何もせずに税金を払う方が、キャッシュは残ります。




なので、

利益の目標と同時に、

キャッシュ残高の目標(お金を使える許容範囲)も

決めておいた方がいいですね。




税金は、ある程度利益に連動しますが、

税額控除を活用できる場合は、利益が変わらなくても、

税金が減らせる場合もあります。




この3つをにらみながら、

妥当なポイントに落とし込んでいく、

ということになります。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
上記以外 | 2012-08-23(Thu) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。