スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

贈与税以外にも税金がかかる、贈与の話

今日は、

贈与にまつわる話。




■そんなはずじゃなかった



相続対策などで、

子供や孫に生前贈与、というのは、よくある話。




その場合、

みなさん、当然気にしているのは贈与税です。




贈与税には、

年間110万円の非課税枠があります。




4人に贈与するなら、

440万円まで非課税で贈与できます。




相続税の税率が高いなら、

多少の贈与税を払っても、

そちらの方が、結果的に有利になることもあります。




でも、

今日の本題はそっちじゃありません。




贈与には、

他に税金がかかる場合があるってことです。




それが、

不動産を贈与した場合です。




不動産を贈与すると、

贈与された方に、不動産取得税という税金がかかります。




不動産を買ったことのある方なら、

経験があると思います。




不動産取得税は、

何も不動産を買ったときだけじゃありません。




贈与した場合にも、かかるんです。




じゃあ、どれぐらいかかるのか?




原則は、

不動産の固定資産税評価額×3%又は4%

です。




ただし、

住宅用の土地の場合には、

軽減措置がありますので、これより安いこともありますが。




もう1つ、

不動産の場合には、登記が必要になります。




登記費用は、

主に登録免許税と司法書士さんへの手数料。




登録免許税については、

不動産の固定資産税評価額×2%

とされています。




まあ、

そんなわけで、不動産の場合には、

贈与税がいくら非課税でも、

その他にかかってくる費用があるってことです。




こういう付随費用がかかってこない資産の方が、

贈与には向いているかもしれません。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
贈与税 | 2012-07-09(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。