スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

所得税の予定納税を減らす方法

今日は、

所得税の予定納税の話。




■またまた、税金のお知らせ




所得税の確定申告が終わり、

とりあえず、ホッ。




でも、

住民税の金額に、ビックリ。




それも、なんとか納得(?)した今頃に、

またまたやってくる、税金のお知らせ。




また、税金払うの?




それが、

所得税の予定納税ですね。




前年分の所得などから計算した、

予定納税基準額が15万円以上の場合には、

予定納税、つまり税金の前払いをしないといけません。




予定納税は、全部で2回。

7月と11月です。




あくまで前払いで、

最後は、確定申告で精算されますから、

払い過ぎていた場合には、戻ってきます。




ただ、

今の時点で、明らかに払い過ぎになることが

わかっている場合。




そんな場合は、

そもそも払わなくてもいいんじゃないの?




というわけで、

予定納税には、減額申請という手続きがあります。




業績不振で、去年より所得が減ることが明らかな場合、

配偶者控除や医療費控除などが増える場合、

などなど、そういう場合は、減額申請ができます。




所得税の予定納税額の減額申請書





提出期限は、7/15まで。

(2回目の予定納税の11月に、提出することもできます)




特に、

去年、廃業・休業した場合などは、

要提出です。





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
所得税 | 2012-06-27(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。