スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

算定基礎届、実はこんなケースもあります

今日は、

算定基礎届の話。




■けっこう、奥が深い




ぼちぼち、近づいてきましたね。

算定基礎届の提出です。




そろそろ、

年金事務所から書類も届いているかと思います。




僕の専門分野ではないのですが、

簡単に解説を。




要は、

4月・5月・6月の報酬を届け出て、

今年9月分以降の社会保険料を

決めるための手続きですね。




ここで「報酬」というのは、

いわゆる給与のことだけじゃありません。

通勤手当や家族手当などの手当も含まれます。




また、年4回以上の賞与は、

年間賞与の12分の1が、

各月の給与等に加算されます。




ちょっとややこしいのは、

社会保険料の変更は、全員が9月からでOK、

とは限らないこと。




いわゆる、定時改定と随時改定ってやつです。




例えば、

4月・5月・6月の3ヶ月平均で

2等級以上の差があった場合等、

随時改定の要件を満たした場合には、

9月を待たずに、7月から社会保険料は

変更になります。




ただ、

これには、「固定的賃金の変動」

又は「給与体系の変動」があった場合、

という条件があります。




なので、

例えば、残業手当のように

「固定的賃金」ではない手当のみが原因で、

2等級以上差がついても、

随時改定の対象にはならないんです。




でも、

もちろん、定時改定では残業手当も

「報酬」に含まれますから、

4~6月で残業手当が増えていれば、

9月からの社会保険料には、

そのアップが反映されます。




えっ?!

よくわからない???




じゃあ、

お近くの社会保険労務士さんまで、ご相談を。。。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
社会保険 | 2012-06-25(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。