中小企業の利益目標、第三弾!

昨日、一昨日と

利益目標の話をしてきました。



1.「経常利益は売上の10%!」

2.「経常利益は”アラリ”の20%」



どちらか、自分の事業にしっくりくる方を

目標にしてもらったらいい、と思います。

(あくまで、1つの例ですよ!)



でも、実はこの2つの目標だけでは、

ちょっと足りません。



あんまり話すと、

細かい決算書の読み方の話になっちゃうので、

サラッといきます。



決算書や試算表を見てもらうと、

”貸借対照表”の一番下に、

「総資産」の金額が出ています。



これは、その名の通り、

有形無形含めて、

会社にある全資産の合計、ということです。一応。



ということは、

会社は少なくとも、それだけの資金を投入して、

その資産を買い揃えた、ということになります。



それだけの資金を投入して、

じゃあ、どれだけ利益が出たか、というところが、

実は一番大事なところです。




例えば、

総資産が1億円。

経常利益が100万円。



ということは、

総資産の1%の利益を上げたことになりますね。



でも、この会社が、

銀行から3%でお金を借りている、とすると、

3%でお金を借りて、1%の利益しか出ていない・・・・・。



経常利益自体は黒字でも、

この会社自体はぶっちゃけ、赤字です。



少なくとも、銀行借入以上の利益は稼がないといけませんね。



これも、目標は、


「総資産の10%の経常利益!」


です。


これぐらいを目標にして頑張りましょう!
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
決算書の目安となる指標 | 2008-06-16(Mon) 19:51:44 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース