スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

値下げが通用しない時代

今日は、

「値下げ」の話。




■価格以外の「何か」




ある顧問先で、

社長さんから、こんな話を聞きました。




「最近、お客さんが値下げに反応しなくなった」




売る側としたら、

ビックリ超目玉価格、で売り出しているのに、

大した反応がない、というのです。




売れる数は、

定価のときと、さほど変わらず。




値下げするということは、

定価のときよりたくさん売らないと、

儲からないわけです。




それが、

同じ数しか売れないとなると、

値下げ戦略は、意味がないことになります。




日本全国でも、

意外に高級品がけっこう売れているんだとか。




一方、

低価格の代表格、牛丼は苦戦しています。





デフレ時代が長く続いたせいでしょうか、

消費者が価格にあまり魅力を

感じなくなっているのかもしれません。




でも、

これって、中小企業にとっては

喜ぶべきことですよね。




薄利多売方式は、

体力のない中小企業には向きません。




本来の価格で、

いかに商品に付加価値をつけて、

魅力を感じてもらうか。




こういう正攻法で、

中小企業もドンドン攻めていける時代ってことです。




何か自分にとって、

納得するだけの”理由”があれば、

価格が多少高くても、買ってもらえる。




その”理由”を提供するのが、

これからの中小企業の大事な仕事です。






関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
経営のヒント | 2012-06-13(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(1) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/06/13 05:47 | まとめwoネタ速neo | まとめtyaiました【値下げが通用しない時代】 今日は、「値下げ」の話。■価格以外の「何か」ある顧問先で、社長さんから、こんな話を聞きました。「最近、お客さんが値下げに反応しなくなった」売る側としたら、ビックリ超目玉...


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。