スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

見えない在庫にご用心!

今日は、

在庫の話。




■在庫もいろいろ




”在庫”というと、

小売業だとか、卸売業だとか、

製造業だとか、そういう形あるものを

扱う業種だけの話だと思いがちです。




でも、

実は、そうではないんです。




無形の在庫というのも、

あります。




ソフトウェア業だとか、

その他サービス業でも、

無形の在庫が発生することがあります。




在庫というのは、

結局、売上と売上原価を対応させる過程で

出てくるものです。




今期の売上に対応する仕入は、

売上原価。




来期の売上に対応する仕入は、

期末棚卸、つまり在庫。




仕入が、

有形でも無形でも、

この考え方自体は同じです。




つまり、

形があろうがなかろうが、

今期の売上になっていない仕入は、

在庫として計上しないといけないわけです。




その典型が、

上で紹介したソフトウェア業。




ソフトウェア業の仕入は、

ほとんど人件費になります。




仕入に相当する人件費のうち、

今期の売上原価として計上できるのは、

今期の売上に対応する分だけ。




来期の売上のために、

かかった人件費は、期末在庫になります。




要するに、

どんな業種でも、在庫の確認は必要というわけ。




無形の見えない在庫は、

ついつい漏れがちですので、

十分ご注意を。





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
法人税 | 2012-06-01(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(1) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/06/01 03:47 | まとめwoネタ速neo | まとめtyaiました【見えない在庫にご用心!】 今日は、在庫の話。■在庫もいろいろ”在庫”というと、小売業だとか、卸売業だとか、製造業だとか、そういう形あるものを扱う業種だけの話だと思いがちです。でも、実は、そうでは...


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。