スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

倒産防止共済、年払継続の落とし穴

今日は、

倒産防止共済、年払の話。




■決算月では間に合わない




このブログでも、

ちょくちょく紹介している、倒産防止共済。




改正されて、月額20万円まで

掛金が増額され、節税に加入する法人も

増えているんじゃないでしょうか。




年払すれば、

最高20万円×12=240万円が

経費計上できます。




でも、

この年払、実はちょっと落とし穴が

あります。




最初、

加入時に年払する場合には、

だいたい20日ぐらいまでに

手続きしておけば、その月末の年払に

間に合うようです。




問題は、

2年目以降です。




これは、

以前も書いたかもしれませんが、

倒産防止共済の年払は、

毎年、前納申出書を提出しないといけません。




民間の生命保険なら、

何もしなくても、毎年自動で年払になってますよね。




そうはならないのが、

倒産防止共済の、少々メンドクサイところ。




要は、

放っておいたら、月払に戻ってしまう

ということです。




では、

その前納申出書は、いつまでに出さないと

いけないか?




これは、

「払込みを希望する月の5日までに

中小機構が受理できるよう、登録取扱機関に提出」

です。




例えば、

3月決算で、3月末に年払いしているなら、

実質的には、2月末ぐらいまでに

手続きしておかないといけません。




この場合、

一応、中小機構からハガキが届きます。




御社が年払いした保険料の充当期間が

終了しましたので、さらに年払いする場合には、

希望月の5日までに、うんたらかんたら・・・

的なことが書いてあります。




このハガキが来たら、

前納申出書を出さないといけません。




決算月になってからでは、

手続きが間に合いませんので、

そこは要注意です。






関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
短期前払費用を使った節税 | 2012-05-31(Thu) 00:00:00 | トラックバック:(1) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/05/31 00:18 | まとめwoネタ速neo | まとめtyaiました【倒産防止共済、年払継続の落とし穴】 今日は、倒産防止共済、年払の話。■決算月では間に合わないこのブログでも、ちょくちょく紹介している、倒産防止共済。改正されて、月額20万円まで掛金が増額され、節税に加入する法人も増えているんじゃないでしょうか。年払すれば、最高20万円×12=240万円が経費計上?...


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。