スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

なぜ、「摘要」欄を端折ってはいけないのか?

今日は、

「帳簿」の話。




■避けては通れない




会計ソフトで

仕訳入力をされている方なら、

一度は思ったことがあるんじゃないですか?




摘要欄、めんどくせー(笑)




でも、

これ、ちゃんと書いておかないとダメなんです。




それは、税金的な意味でです。




実は、

消費税の申告に関係してくる話です。




消費税を原則課税で計算するとき、

売上と一緒に預かった消費税から、

仕入や経費と一緒に支払った消費税を差し引き、

残った消費税を、税務署に納めます。




このとき、

仕入や経費と一緒に支払った

消費税を差し引くことを

専門用語で、「仕入税額控除」といいます。




この仕入税額控除には、

要件があります。




それは、

「課税仕入等の事実を記載した

帳簿及び請求書等を保存すること」。




もちろん、

帳簿は白紙ではダメです。




決められた法定事項が

記載されていないとダメです。




その法定事項がこちら。




1.課税仕入れの相手方の氏名又は名称


2.課税仕入れを行った年月日


3.課税仕入れに係る資産又は役務の内容


4.課税仕入れに係る支払対価の額







2と4は、

普通に会計ソフトで入力していれば、

問題ない項目です。




適当にやり過ごしたくなるのが、

1と3です。




でも、

これもちゃんと入力しておかないと、

最悪、税務調査で仕入税額控除の否認、

つまり、消費税の追加納税ということになりかねません。




消費税は、

赤字でも免除にならない税金。




税務調査で堂々と見せられるように、

日頃から頑張って入力しましょう。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
基本的な仕組みと届出方法 | 2012-05-30(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(1) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/05/30 01:36 | まとめwoネタ速neo | まとめtyaiました【なぜ、「摘要」欄を端折ってはいけないのか?】 今日は、「帳簿」の話。■避けては通れない会計ソフトで仕訳入力をされている方なら、一度は思ったことがあるんじゃないですか?摘要欄、めんどくせー(笑)でも、これ、ちゃんと書いておかないとダメなんです。それは、税金的な意味でです。実は、消費税の申告に関係して...


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。