スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

人気の”一時払い終身”の背景



今日は、

一時払い終身保険について。




■一時払い終身の落とし穴




最近、

「一時払い終身保険」が売れています。




特に、銀行窓口での販売が

積極的なようです。




あまりに”積極的”なため、

トラブルも増えているんだとか。




銀行窓口で勧誘された一時払い終身保険

に関するトラブル-高齢者への不適切な勧誘が急増中-




今年の4月からは、

金融機関が、自分の融資先の経営者や従業員にも

販売できるようになりました。




(今までは、販売規制がかかっていました。)




そこで、

今日から、この一時払い終身保険を

取り上げてみようと思います。




一時払い終身保険は、

保険料を最初に一括で支払う

終身保険です。




定期預金より利回りもよく、

元本割れすることがない、と

勧められる場合があるようですが、

実際には違います。




「保険」と「預金」は違うんです。




これは「保険」なので、

もちろん解約はできますが、

数年で解約すると、解約返戻金が少なく、

損する場合があります。




要するにこれは、

解約返戻率の問題。




解約返戻率が100%になれば、

元本割れはしません。




ただ、商品によっては、

100%を超えるのに、7年ぐらい

かかるものもあるようです。




そこが、トラブルの元。




まあ逆に言えば、

そこまで待てば、返戻率が100%を超える

ということでもありますが。




最初から、

ある程度解約を前提にした売り方に

なっているのは、法人の節税商品と同じですね。




明日に続きます!





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
その他上記以外 | 2012-05-21(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。