スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

マル経融資の拡充措置、平成24年3月末まで延長!

先週は、確定申告の話題でした。

→→→確定申告する人・しない人

→→→確定申告しないとどうなるの?

→→→確定申告しないとダメな理由

→→→確定申告の前に、ちょっと目を通しておくといいです

→→→確定申告、消費税の落とし穴



今日は、ちょっと融資関係の速報です。



中小企業や個人事業主向けの融資制度には

いろんなものがありますが、

その1つが、マル経融資というもの。



これは、

日本政策金融公庫(=旧国金)が無担保・無保証で

融資してくれるもので、

商工会議所などの経営指導を受けた事業者が対象です。



実は、

2年前に、この通称”マル経融資”について、

拡充措置が取られました。



内容は、こんな感じ。



■融資限度額を1,000万円から1,500万円に引き上げ


■返済期間を運転資金5→7年、設備資金7→10年


■元本返済の据置期間を運転資金1年、設備資金2年に延長


→→→マル経融資制度の拡充について





この拡充措置の期限が、

今年3月末で切れる予定でしたが、

めでたく、1年延期される見通しとなりました!



年度末は、

いろいろ融資制度の拡充、縮小、延長、打ち切り等が

てんこ盛りです。



とりあえず、最新情報は押さえておきましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
スポンサーサイト
   
中小企業のための融資情報 | 2011-02-28(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

確定申告、消費税の落とし穴

確定申告の話、いろいろ。

→→→確定申告する人・しない人

→→→確定申告しないとどうなるの?

→→→確定申告しないとダメな理由

→→→確定申告の前に、ちょっと目を通しておくといいです


『確定申告』というと、

所得税だけをイメージしがちですが、

実は、所得税も法人税も消費税もみんな、

申告は『確定申告』と言うんです。



そんなわけで、今日は消費税の話。



個人の場合、

所得税だけじゃなく、消費税も大事。



でも、

消費税というのは、結構申告漏れが多いんです。



ずっと、消費税の申告をしてる方は問題ありません。

ただ、突発的に課税売上があったので、

課税事業者になったという場合は要注意です。



そもそも消費税は、

2年前の課税売上が1,000万円を超えていると、

今年が課税になる、というちょっとわかりにくいシステム。



まずは、

2年前(=平成20年)の課税売上を確認しておきましょう。



そのときに大事なことは、

『課税売上=売上高』ではないってこと。



実際に、

ここが一番申告漏れが多いところですが、

何か事業用の固定資産の売却があったときには、

それは課税売上になります。


(自宅の売却などは、関係ありません)



ここはホントに落とし穴ですので、

十分ご注意を。。。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
個人消費税 | 2011-02-25(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

確定申告の前に、ちょっと目を通しておくといいです

昨日まで、

確定申告しないとどうなるか、という話をしてました。


→→→確定申告する人・しない人

→→→確定申告しないとどうなるの?

→→→確定申告しないとダメな理由



今日は、

ちょっとオススメの情報をご紹介します。



確定申告を何度も経験されている方は、

ちょちょいとお手のものだと思いますが、

確定申告が初めての方や、

まだあまり慣れてない、ちょっと不安だ

というような方にどうかなー、

と思ったので、ご紹介です。



●『平成22年度版 暮らしの税情報』


これは、国税庁が出している冊子です。


個人にまつわる税金全般の話が

コンパクトに、シンプルに、わかりやすくまとまっています。


さすが、国税庁!


合計39P。


ホントによくまとまってると思います。


とりあえず、

確定申告をする前に、パラパラっと目を通しておく。


何かわからないことが出てきた時に、

ちょっと見直す、といいと思います。


ここから、ダウンロードできます。

→→→http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/000.pdf




●動画もあります


読むのは苦手だ、という方には、動画もあります。


これまた、国税庁が作っている

『Web-Tax-TV』というサイトがあります。


いろんな動画がアップされてますが、

確定申告に関するものも、いろいろとあるようです。


→→→http://www.nta.go.jp/webtaxtv/kakutei.html#wttlist


初めての方でも、

このあたりの情報を押さえておけば、

かなり不安が解消されるんじゃないかな、と思います。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
確定申告 | 2011-02-24(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

確定申告しないとダメな理由

では、昨日の続きです!

→→→確定申告する人・しない人

→→→確定申告しないとどうなるの?



確定申告しないとどうなるのか。。。



●青色申告の65万円控除が受けられない


青色申告の特典の1つである、

65万円控除を受けようとすると、

確定申告しないといけません。


無申告では、適用できませんので。


まあ、65万円控除使わなくても、

税金がかからない、という場合はそれでもいいかもしれません。




●所得税の還付が受けられない

既に天引きされている所得税の還付を

受けようとすると、

当然、確定申告が必要ですよね。


無申告では、天引きされっ放しで戻ってきません。




●赤字が繰り越せない

これまた青色申告の特典の1つに、

3年間赤字を繰り越せる、というのがあります。


これも当然ながら、確定申告が前提になってる話。



ということで、

昨日から、確定申告しない場合のデメリットの話を

いろいろご紹介しました。


総括すると、

確かに、確定申告しなくてもいい場合もあります。


でも、

他の手続きや青色申告の特典なんかを考えると、

結局、毎年ちゃんと確定申告しておく方が

自分のためだ、ということです。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
確定申告 | 2011-02-23(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

確定申告しないとどうなるの?

では、昨日の続きです!

→→→確定申告する人・しない人


確定申告は必ずしないといけない、

ということはなく

しなくてもいい場合もある、ということでした。


じゃあ、

確定申告をしないと問題になる(?)こと、いろいろです。



●消費税や住民税は申告が必要


確定申告しなくていい、

というのは所得税だけの特例なんです。


だから、

所得税はよくても、消費税や住民税などは

確定申告しないとダメです。




●確定申告しなくても、もちろん記帳は必要


確定申告しなくもいい、というのは、

別に帳簿を付けなくてもいい、ということじゃありません。


青色申告なら、帳簿をちゃんと付けてないと、

青色取り消しになってしまいます。



●収入金額が3,000万円を超えると・・・


確定申告しなくてもいい場合でも、

総収入金額の合計額が3,000万円を超える場合は、

別に総収入金額報告書、というのを出さないとダメです。



でも、もっと大事なことがあります。


続きは明日!




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
確定申告 | 2011-02-22(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

確定申告する人・しない人

さて、2/16(水)から

所得税の確定申告が始まってますね。


皆さん、進捗状況はいかがでしょうか???

ということで、今日は確定申告の話。



確定申告って、

所得のある方なら誰もがしないといけないイメージが

あるかもしれませんが、

実はそんなことはありません。


別にしなくてもいい方もいるんです。



例えば、個人事業主の場合。



簡単に言うと、


その年分の所得金額の合計額≦所得控除の合計額


の場合には、確定申告しなくてもいいんです。



例えば、


その年分の所得金額の合計額=100万円

所得控除の合計額=150万円



なら、申告しなくてもいいと。


たとえ、

利益が出ていようと、青色申告であろうと、です。



理由はカンタン、税額が発生しないからです。



それでいいのか?!という意見はもちろんあると思いますし、

実際、問題にもなっていますが、

今はそういう制度になってるんですね。



とはいえ、

普通の個人事業主は、確定申告する方が多いですよね。



じゃあ、

確定申告しなくてホントに何も問題ないのか。



あります、いろいろ。



というわけで、明日はその話です!




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
確定申告 | 2011-02-21(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

来年の確定申告に向けて、小規模企業共済を検討しよう

小規模企業共済の改正、まとめです!

→→→小規模企業共済、共同経営者加入時の必要書類

→→→小規模企業共済、共同経営者の重要な意思決定って何よ?


まあ、というわけで、

共同経営者の要件というのは、よくわかりましたよね。



あと、

改正のポイントはというと、

共同経営者は2人まで加入OK



また、

共同経営者は別に親族でなくてもOK



手続面では、

3年に1回、書類を提出しての更新手続みたいなものが

あるようですよ。



確定申告真っ只中ですが、

去年の申告のことだけじゃなく、

既に1ヶ月半過ぎている、今年のことも考えておきましょう。



奥さんを共同経営者として、小規模企業共済に入れば、

扶養控除がなくなる分の節税ができるかもしれません。




小規模企業共済は、個人事業主の必須アイテムです。



ぜひ、

この改正をうまく活用して下さいね。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
個人事業主の退職金準備 | 2011-02-18(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

小規模企業共済、共同経営者の重要な意思決定って何よ?

では、ちょっと昨日の続きを!

→→→小規模企業共済、共同経営者加入時の必要書類


「共同経営者」の要件、

再度確認しておきましょう。


基本的には、次の2つ。


■事業経営について重要な意思決定をしている

OR事業に必要な資金を負担していること

■業務の執行に対して報酬を受けていること




じゃあ、

「重要な意思決定をしている」とは何ぞや?

というと、主に以下のような意思決定に参画していること、

だそうです。


■経営計画の作成、経営方針の決定

■事業の開業および廃業

■営業所・支店等の開設および廃止

■事業に必要な資金の借入または投資

■損益の分配、報酬規定

■人員の採用  など




その確認として、共同経営契約書を作成する、

ということですね。



ちょっと余談ですが、

上のような理屈は、

非常勤役員に役員報酬を支払うときの理由付け

にも使えそうな気がします。



この役員は非常勤ですけど、

こういう意思決定に参加しています。



小規模企業共済でも、

これこれこういう意思決定に参加している場合は、

共同経営者と認められてますよね。



だから、

これぐらいの役員報酬は適正だと思います、

といった感じ。



ちょっと参考にしたいと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
個人事業主の退職金準備 | 2011-02-17(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

小規模企業共済、共同経営者加入時の必要書類

年が開けてから、

税制改正の話やら、確定申告の話やらで

あまり話題に上がりませんが、

実は、小規模企業共済が改正になってます。



このブログでは、ちょくちょくご紹介していましたが。


→→→小規模企業共済、詳細続報!



この1月以降は、

個人事業主について、共同経営者2人まで

小規模企業共済への加入が認められます。



その具体的な手続面、必要書類などが

わかりましたので、少しご紹介です。



(必要書類)

●個人事業主の確定申告書

●個人事業主と締結した共同経営契約書の写し

(もしくは、金銭消費貸借契約書等の写し)

●給与を支払っていることがわかる書類

(社会保険の標準報酬月額通知、青色申告決算書など)





この中で、ポイントは共同経営契約書、ですね。



共同経営者が加入対象なので、

ホントに共同経営してるのか、ということが大事になります。



それを証明する書類として、

共同経営契約書(もしくはそれに準ずるもの)がいるわけです。



そんなもん、どうやって作るのよ?!



ご安心下さい、ちゃんとひな形がありますから。


→→→共同経営契約書(サンプル)



大丈夫ですよ、僕が勝手に作ったサンプルじゃありませんから(笑)。

国のお墨付きですので、安心して使って下さい。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
個人事業主の退職金準備 | 2011-02-16(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

1月からの給与計算、高校生の扶養控除はどうなるの?

前回は、給与計算の改正の話。

→→→給与計算、1月から改正になってますよ!


今日も、少しだけ昨日の続きです。


扶養控除が改正になるのは、

「子ども手当」をもらってる方だけじゃありません。



高校生の方は、「授業料実質無償化」の恩恵を受けている

ということで、控除額が63万円から38万円に下がります。



ただ、この改正は給与計算には反映されません。



なぜなら、

控除額は下がるにしても、

扶養親族であることには変わりないからです。




でも、

どっかで影響出てくるよね・・・。



そうですね、毎月の源泉所得税には影響しませんが、

結局、今年の年末調整のときに、還付される金額が

若干減ってしまう、ということになります。



では、

最後にどれぐらい手取りが減るのか、というのを

少しだけご紹介。



月給30万円 扶養親族2人→1人

5,020円 →→→ 6,600円

1,580円up






月給40万円 扶養親族2人→1人

9,830円 →→→ 13,000円

3,170円up






月給50万円 扶養親族2人→1人

17,990円 →→→ 22,950円

4,960円up





とまあ、こんなもんです。


最新の税額表はこちら


PDF版→→→http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2010/data/02.pdf

Excel版→→→http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2010/data/01.xls





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
給与計算 | 2011-02-15(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

給与計算、1月から改正になってますよ!

先週は、緊急保証関係の話をいろいろとしてました。

→→→緊急保証制度、一部継続、業種により明暗?

→→→緊急保証制度、運命の48業種!

→→→政策公庫の金利引き下げ、3月末で終了

→→→緊急保証→セーフティネット保証、売上基準はややこしい


さて、今日はちょっと改正のお知らせです。

皆さん、ご存知のことと思いますが、念のため。



今年の1月分の給与計算から、

源泉所得税の計算が少し変わってます。



例の「扶養控除」の改正ですね。



年末調整のときにお気付きになった方も

多いと思いますが、

扶養控除等申告書が変わってます。



要は、

子ども手当をもらってる方は、扶養控除なし、

ということになります。



(扶養控除等申告書の下段に、別書きすることになります。)




なので、

毎月の給与について、税額表を見るときには、

「扶養親族の数」に入れてはダメです。



具体的には、

平成8年1月2日以後に生まれた方は、

残念ながら扶養控除対象外になります。




ご案内は遅れましたが、

これは、既に1月分の給与計算から始まってますので、

ご注意あれ。



従業員さんには、

ちゃんと説明しておきましょう。



いらぬ誤解が生まれてもいけませんので・・・。



ちなみに、

改正になっているのは、「扶養親族の数」だけですので、

税額表自体は、以前のままです。




今、お持ちの分で使えますからね。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
給与計算 | 2011-02-14(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

緊急保証→セーフティネット保証、売上基準はややこしい

今週は、緊急保証制度など融資関係、緊急大特集!

→→→緊急保証制度、一部継続、業種により明暗?

→→→緊急保証制度、運命の48業種!

→→→政策公庫の金利引き下げ、3月末で終了



さて、

緊急保証制度のまとめですが、

この4月と10月の2回で、大きく変わることになります。



変わるのは、

対象業種と売上基準の2つ。



業種については、

現在4月以降の対象業種しかわかりません。


→→→(別紙1)セーフティネット保証5号の指定業種について


10月以降については、

上の48業種から、約20業種と半分以下に絞られるようです。



もう1つの売上基準の方ですが、

4月から9月については、

前年同期比で売上が増えていても、

2年前同期比で10%以上の減少であれば対象になります。



前年同期比で増加していない場合には、

3%~5%以上減少で対象です。

(2年前同期比でもOK)



ただし、

10月以降は、対象業種の絞り込みプラス

売上基準も厳しくなります。



まず、前年同期比で売上が増えている場合は☓。


かつ、前年同期比又は2年前同期比で

5~7%の減少が要件になります。



今年の資金繰り、融資の申込は、

3月と9月を基準に考えて下さい。



詳しい売上基準はこちら

→→→http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2011/download/110128FF-2.pdf





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
中小企業のための融資情報 | 2011-02-10(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(1)

政策公庫の金利引き下げ、3月末で終了

今週は、緊急保証制度など融資の話。

→→→緊急保証制度、一部継続、業種により明暗?

→→→緊急保証制度、運命の48業種!


これから、3月の年度末に向けて、

政府が(一応)看板を掲げてやってる政策は3つ。


1.借換保証等の推進

2.条件変更への対応

3.新規保証・融資の推進




もし、

自分の業種がこの3月末で緊急保証対象から外れるなら、

緊急保証での借換えを検討しておきましょう。



3月に入ると、保証協会の審査はかなり混みますから、

お早めにどうぞ。



あと、

日本政策金融公庫のセーフティネット貸付金利の

引き下げ措置が3月末で終了するようです。




政策公庫のセーフティネット貸付自体は、

4月以降も続きますが、金利は若干上がる可能性ありです。



また、

緊急保証延長業種から外れた会社が

4月以降、政策公庫に殺到することも考えられますので、

こちらも審査は混むかもしれません。



もちろん、

通常の保証協会融資は4月以降も続きますし、

小規模企業向けの1,250万円以下の小口保証などは

100%保証が続きますので、

そちらを利用することはできます。



でも、

政策公庫なら保証料がかからない分、

おトクですからね。


(もちろん、金利にもよりますが)


→→→(別紙1)セーフティネット保証5号の指定業種について




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
中小企業のための融資情報 | 2011-02-09(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

緊急保証制度、運命の48業種!

では、昨日の続きです!

→→→緊急保証制度、一部継続、業種により明暗?


とにかく、

ここは誤解が多いところだと思いますので、

繰り返し、念のため、シツコクお伝えしますが。



緊急保証制度は終わっても、

100%保証は終わりません!



(何だか、板垣死すとも何とやら・・・みたいですが(笑)



その上で、今回大事なことは、



●4月から半年間の、経過措置対象業種に入っているか?


●10月以降のセーフティネット保証(5号)対象業種に入っているか?





ということだと思います。


で、運命の業種リストはこちら!

→→→http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2011/download/110128FF-1.pdf



まずは、

このリストに自分の業種があるかどうか、確認してみて下さい。


(ただし、10月以降の業種は現時点ではわかりません・・・)



それによって、今後の対応を考えていきましょう。



経過措置対象業種に入っていなければ、

100%保証は、3月末で期限切れになります。



もちろん、

100%保証にこだわる必要はありませんが、

金融機関のモチベーションは下がるかもしれません・・・。



100%保証がある間に、

できるだけ長期の返済に借り換えておく、

というのも手です。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
中小企業のための融資情報 | 2011-02-08(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

緊急保証制度、一部継続、業種により明暗?

先週は、確定申告についていろいろと書いてました。

→→→「確定申告」とかけて、「カレー」と解くその心は・・・

→→→確定申告を始める、まずその前に・・・

→→→過去の確定申告書を眺めてみよう

→→→今年の確定申告、振替納税日はいつ?

→→→今年の確定申告、何か変わるの?



さてさて、今日はちょっと融資の話。


去年の秋頃、緊急保証制度が3月末で終了する、

というニュースがありましたよね。



でも、

その後特に続報もなく、詳細もあまりよくわからないまま

とにかく終わるんだ、ヤバイという空気が流れていました。



とりあえず、このブログでは、

緊急保証制度が終わるといっても、

100%保証が終わるわけじゃないよね?

という話をしてたと思います。


→→→「緊急保証制度が終了」のホントの意味

→→→”緊急保証制度終了”の誤解?



先日、ようやくその続報が届きました。


ポイントのみをご紹介すると。。。



●現在の「緊急保証制度」は一応、3月末で終了


●ただし、経過措置として4月~9月までは、

業種を82→48業種に減らして、緊急保証制度を継続


●経過措置期間中は、前年比で売上が増えていても、

2年前と比べて10%以上下がっていれば、制度対象になる


●10月以降は、48→約20業種に絞られ、

「セーフティネット保証」として、100%保証を残す


●小口零細企業保証や創業関連保証でも100%保証は残る






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
中小企業のための融資情報 | 2011-02-07(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

今年の確定申告、何か変わるの?

確定申告の話、いろいろ。

→→→「確定申告」とかけて、「カレー」と解くその心は・・・

→→→確定申告を始める、まずその前に・・・

→→→過去の確定申告書を眺めてみよう

→→→今年の確定申告、振替納税日はいつ?



税金というのは、

毎年改正が行われています。



その改正には、

メジャーチェンジもあれば、マイナーチェンジもあるので、

その年によって違うんですが、

今回はさて、どちらでしょうか???



今回は、マイナーチェンジです。



よかったですね(笑)



1つお伝えしておくとすれば、

「寄付金控除」というのがあるんですが、

今までは、5,000円を超えた部分に対しての所得控除でした。


(青天井ではなく、上限がありますが)



その「5,000円」の部分が、今回から「2,000円」に変わります。



なお、

寄付金控除を受ける場合には、

その領収証が必要になりますので、

ご用意の程を。



逆に、

扶養控除の改正は、かなり知名度高いんじゃないかと

と思いますが、今回の申告には影響しません。




次回、

平成23年分の確定申告から、適用になります。



影響が大きいな、と思われる方は、

今年の確定申告が終わったら、

次回、扶養控除が変わったらどれぐらい税金が変わるか、

というのを、今回の申告書を見て、ざっくり計算しておくことを

オススメします。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
確定申告 | 2011-02-04(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

今年の確定申告、振替納税日はいつ?

今週は、確定申告の話です!

→→→「確定申告」とかけて、「カレー」と解くその心は・・・

→→→確定申告を始める、まずその前に・・・

→→→過去の確定申告書を眺めてみよう


さて、確定申告書の申告期限は、


所得税 3/15(火)

消費税 3/31(木)




なわけですが、


振替納税の振替日は、今年の場合、


所得税 4/22(金)

消費税 4/27(水)




になります。



振替納税って何?

という方はとりあえず、こちらをどうぞ!


→→→振替納税なら無利息で納付期限延長!



確定申告は申告してハイ終了、ではありませんからね。


ちゃんと納税しないと、終わったことにはなりません。



振替納税でない方は、

申告期限が納付期限になってしまいますので、

今年の申告のときに、一緒に振替納税の手続きしておきましょう。



なお、去年引越しされた方。



税務署の管轄が変わる場合には、

振替納税の届出をし直さないといけませんので、

ご注意を!


→→→個人事業主が引越したときの落とし穴




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
確定申告 | 2011-02-03(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

過去の確定申告書を眺めてみよう

今日も、確定申告準備編!

→→→「確定申告」とかけて、「カレー」と解くその心は・・・

→→→確定申告を始める、まずその前に・・・



昨日は、


■資料集め

■去年1年間を振り返る




ということでした。



さて、今日は・・・。


■過去3年間の申告書を並べてみる


目的は、2つあります。



まずは、

大きな流れを確認して、今年の確定申告のイメージを掴み、

申告もれなどがないようにするため。




また、確定申告の感覚を取り戻すためでもあります。



ああ、この資料要るんだった、とか

そうそう去年は、ここの部分で苦労したんだった、とか。



改めて眺めてみると、

いろいろ気が付く点があると思います。



初めに確認しておくと、後の作業がスムーズですからね。



もう1つは、過去の間違いを見つけるため。


例えば、去年の確定申告で医療費控除が漏れていたとか。



去年の確定申告であれば、

まだやり直しはOKです。



ただし、既に確定申告をしている場合のやり直しは、

過去1年分だけ。



2年前より以前の分は、還付請求はできませんので、

ダメもとで、税務署に事情を説明するしかありません。


(確定申告していない方は、過去5年分の還付請求ができます)




※これについては、

今年度の税制改正で、確定申告している方も過去5年分の還付請求が

できるようになる予定です。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
確定申告 | 2011-02-02(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

確定申告を始める、まずその前に・・・

今日も、確定申告の実務についての話を少々。

→→→「確定申告」とかけて、「カレー」と解くその心は・・・



確定申告って、

実際に作業に入る前の準備段階が、一番大事だったりします。



ちょっとおおげさに言えば、

準備がしっかりできてりゃ、もう半分は終わったも同然です。



そこで、今日は確定申告準備編。



■資料集め


簡単なところでは、生命保険の控除証明書だったり、

小規模企業共済の控除証明書だったり、ですね。



もし、この段階で手元にないものがあれば、

すぐに再発行の手続き、しておきましょう。



今からなら、十分間に合いますからね。



医療費の領収証なんかも、最初に確認しておきましょう。



初めての住宅ローン控除だったら、謄本や住民票が要りますので、

そういうのも事前に準備。



■去年1年間を振り返る


別に、反省会をして下さい、という意味ではありません(笑)。



何か、確定申告をする際に影響してくるようなことは

なかったか、ちょっと目を閉じて思い返してみて下さい。



「そういえば、保険が満期になったな」


「クルマを売ったよな」


「出産にかかった費用、医療費控除受けられるかな」


などなど。



確定申告の作業を始めてしまうと、

意外に忘れてしまったり、ポッと抜けてしまったりするもんですから。



最初に全部思い出して、書きだしておきましょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
確定申告 | 2011-02-01(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(3)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。