スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

パソコンの向こうにある、それぞれの悩み

さてさて、

今年も残すところ、あと半月。



このブログも、

年末年始恒例のお休みの時期となります・・・。



なんや、仕事納めには早いやないかい(怒)

と言わないでくださいね。



おっしゃる通り、ちょっとかなりだいぶ早いんですが(汗)

またしばらく冬眠させて頂きたいと思います。



しばし、充電です。。。



近々、来年度の税制改正大綱が発表になるというのに。

ゴメンナサイ m(__)m



平成20年3月に始めた、このブログも

来年3月で3周年を迎えます。



更新した記事数も700本ぐらいになりました。



始めたときには、とてもじゃないですけど

考えられなかったことです。



でも、それもこれも

読んで下さる方がいてくれるからだ、

ということをホントに強く思います。



僕の家の近所に、小さなお惣菜屋さんがあります。



朝6時ぐらいに通りかかると、

年配のご夫婦が、もう既に忙しそうに、

お惣菜を作っておられます。

土曜日も日曜日も。



その斜め前には、接骨院があります。


朝6時ぐらいから準備を始められ、

早い時には、6時半頃に患者さんが来られます。


朝から元気よく挨拶して、患者さんを出迎えておられます。



そんな風景が日本の中小企業の日常だと思うんです。



そういう個人事業主の方や中小企業のために、

税理士である自分は何ができるんだろう。



何をすべきなんだろう。



そういう方が、

一日の仕事を終えて、何か不安や悩みを抱えて、

パソコンを検索し、偶然にも、このブログに辿り着いたとき。



何か役立つこと、心に残ることを1つでも

お渡しできているだろうか。



このパソコンの向こうの不安を

多少でも和らげることができているだろうか。



そんなことを考えます。



来年は、

そんなブログに少しでも近付けていきたいなー。



なんてね (^_^;




というわけで、

残り半月、気合いで乗り切りましょう!



来年がみなさんにとって素晴らしい1年になりますように!



くらのすけでした。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
スポンサーサイト
   
自己紹介 | 2010-12-15(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと5)

年末調整Q&Aシリーズ、開催中!


→→→今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと1)

→→→今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと2)

→→→今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと3)

→→→今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと4)



Q.うちのばあちゃん扶養に入れたいけど、年金けっこう

もらってるらしい。


A.年金の種類にもよります。

遺族年金なら、そもそも所得税非課税なので、

いくらもらってても問題なし。



普通の年金なら、

65歳未満→108万円以下

65歳以上→158万円以下

でOK。





Q.いくつも掛け持ちしてバイトしてる子がいてるんだけど。


A.そのバイトさんが、メインで働いているところに

扶養控除等申告書を出します。年末調整はそのメイン会社のみ。


他のバイト先は、年末調整なしで、源泉徴収票作るだけ。


あとはバイトさんが、何枚かの源泉徴収票をかき集めて、

自分で確定申告。





Q.年末調整に直接関係ないんですけど、年収が影響してくる

ものってどんなものがあります?


A.保育料。母子手当。国民健康保険料。公営住宅の家賃。

70歳以上の医療費負担割合、などなど。


(おまけ)

合計所得金額1,000万円超→配偶者特別控除、不可

年収2,000万円超→年末調整不可、確定申告

合計所得金額3,000万円超→住宅ローン控除、不可





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
年末調整 | 2010-12-14(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと4)

今週もまたまた、年末調整!

→→→今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと1)

→→→今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと2)

→→→今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと3)



Q.自分が契約者じゃない生命保険って、控除できないですよね?


A.契約者が誰かは関係ありません。


受取人が自分か配偶者、その他の親族で自分が保険料を

支払っていれば、原則OK。





Q.うちの奥さん、給料が年収103万円超えるんだけど、配偶者控除

ダメですよね?


A.配偶者控除はダメ。

でも、年収が141万円未満なら、配偶者特別控除が受けられます。

ただし、ダンナさんの合計所得金額が1,000万円を超えるとダメ。

(年収じゃなく、所得で1,000万)


あと、年収が130万円を超えると、奥さんが社会保険の扶養から

外れる可能性あり。

(60歳以上の場合は、180万円)





Q.配偶者控除って、ダンナが奥さんの扶養になったら

マズイんですか?


A.全く問題なし。

状況に応じて、毎年変更してもOK。





Q.年収1,000万円超えてるんで、配偶者控除受けられない?


A.配偶者控除には、年収制限なし。

今、いろいろ所得制限の話が出てるのは、来年以降の改正の話。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
年末調整 | 2010-12-13(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと3)

では、昨日の続きです!

→→→今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと1)

→→→今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと2)



Q.年金をもらってる従業員さんが、年末調整したら、年金カットされる

かもって心配してます。


A.会社で社会保険に入ってない場合は、給料をもらってても、

年金はカットされません。


(ただし、入るべき人が入ってないのはダメですよ)


そもそも、年末調整したから年金カットされるわけじゃないので・・・。





Q.国民健康保険料の証明書がないんですけど・・・。


A.なくてOK。証明書は要りません。


本人さんが自己申告で金額を書くだけ。

会社側は、金額が合ってるかの確認もしません。


まあ、明らかに間違ってそうな場合だけ、

聞いてあげて下さい。





Q.年末調整って、そもそも何月分の給料まで集計するの?

うちは、末締め翌10日払いなんだけど。


A.12月支払分まで集計すればOK。

つまり、11月末締め→12/10支払分まで。


12月末締め→1/10支払分は、来年の年末調整。




Q.失業手当もらってたんですけど、なんか年末調整に関係ある?


A.大丈夫。特に関係なし。


失業手当は、所得税非課税ですから。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
年末調整 | 2010-12-10(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと2)

では、昨日の続きです!

→→→今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと1)



Q.普通のサラリーマンって、年末調整すれば、

確定申告いらないよね?


A.何もなければ、年末調整で終了。

ただし、医療費控除や寄付金控除、住宅ローン控除の1回目は

確定申告必須。


また、年収2,000万円超は、年末調整不可。

問答無用で、確定申告です。





Q.年末調整っていつまでにすればいいの?


A.原則は来年1/10(納期の特例の特例の場合は1/20)の

納付期限まで。


ただ、1月中であれば、年末調整のやり直しもOK。

そういう意味では、デッドラインは1月末。


給与支払報告書などの提出が1月末なので、

それ以上の延長は不可です。





Q.今からでも、何とか所得税減らしたいんですけど、

できることありますか?


A.田舎の両親など、扶養控除にできないか考える。

扶養親族が増えれば、医療費控除の可能性なんかも出てくる。

(ただし、確定申告必要)

国民年金など未納分があれば、年内に支払う。

(子供の分などもOK)

役員さんなら、小規模企業共済を1年分前払い。

ふるさと納税など、寄付をする。

(ただし、確定申告必要)






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
年末調整 | 2010-12-09(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと1)

今年も年末調整、真っ盛り。


というわけで、

いろんな疑問、Q&Aにまとめてみました。


では、どうぞ!



Q.今年の年末調整って、扶養控除減るんですよね?


A.いえ、今年は去年と一緒です。

従来通り、扶養控除OK。

変わるのは、来年1月の給与から。





Q.でも扶養控除の申告書、なんか書式変わってるやん!


A.あれは平成23年分、つまり来年分の申告書。

今年の年末調整は、平成22年分の申告書を使います。

新・申告書は、来年1月の給与計算から。





Q.じゃあ、来年1月からは、何がどうなるの?


A.16歳未満の扶養控除は廃止。

16歳以上19歳未満の扶養控除は、63万→38万に縮小。

つまり、扶養控除が減って、所得税が増えます。

(住民税は1年遅れで実施)





Q.なんか今、新聞とかでいろいろ改正の話載ってるけど、

あれって今年の年末調整に関係あるの?


A.関係ありませんので、ご安心を。

あれは、来年度の税制改正の話。





Q.じゃあ、今年の年末調整って何が変わってるの?


A.ほぼ何も変更なし。

住宅ローン控除の種類が増えてるぐらいです。







このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
年末調整 | 2010-12-08(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(1)

消費税に迫る、改正の足音?

では、昨日の続きです!

→→→ノーマークの消費税改正、ひょっとしたらひょっとする?


免税事業者制度については、

昔から、これを悪用した脱税が後を絶ちません。



特に、人材派遣関係ですね。



税制調査会でも、

実例付きで取り上げられてます。



こういう事情もあって、

ある改正プラン(あくまで案ですが)が

「見直しの方向性」という形で載っています。



具体的には、

期の途中で課税売上高が1,000万円を超えることが

明らかとなった場合には、

その翌期から課税事業者とする、というものです。



(しつこいようですが、あくまで「見直しの方向性」)



要するに、

これまでの「2年免税」が「1年免税」になる

可能性がある、ということです。



昨日も書いたように、

現在は、個人事業主の開業後”2年間”、

資本金1,000万円未満の設立後”2期”は

原則、免税になります。



それを1年にしようじゃないか、

という話です。



逆に言えば、

今の段階では、まだ免税事業者制度の廃止、

というところにまでは、至っていないようです。




まだまだ、どうなるかは全くわかりませんが、

来年の税制改正で、法人税の引き下げに伴う改正が一段落したら、

次に迫ってくるのは、やっぱり消費税だと思います。。。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
税制改正最新情報 | 2010-12-07(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ノーマークの消費税改正、ひょっとしたらひょっとする?

税制改正についての議論も

山場になってきましたね。



今回は、

消費税の引き上げはまずない、

ということで、

消費税の改正については、案外ノーマークです。



ただ、

税制調査会の資料を見てみると、

実は、ちょっとした項目が出てましたよ、

というお話です。



消費税法上、

最大最強の節税は、免税事業者の活用です。



●個人事業主なら、開業後2年間は消費税免税


●資本金1,000万円未満で法人設立すれば、

原則、最初の2期は消費税免税





事業者側からみると、とてもありがたい制度なんですが、

逆に消費者側からみると、実にけしからん制度です。



というわけで、

いつかここにはメスが入るんじゃないか、

ということは、このブログでも何回か指摘してきたところです。



その認識は、どうも税制調査会

(というか、ホントは財務省の要望だと思いますが)

においても同じだったらしく、

要望外項目として、免税事業者の問題が

取り上げられています。



法人税率の引き下げなどに目を奪われているうちに、

こっそり潜り込んでいる、なんてこともあるかも?!



明日に続きます!






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
税制改正最新情報 | 2010-12-06(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

これからも広がる?税務署の情報ネットワーク

またまた、支払調書の話。

→→→法定調書による税務署の情報ネットワーク

→→→実はこんなにもある?!支払調書の種類

→→→税務署はこんなことも把握している~支払調書いろいろ


●国外送金


普通の方は、あまり関係ないかもしれませんが、

実はこういったものについても、支払調書が

提出されています。


提出範囲は、1回100万円超。


以前は200万円超だったのが、最近の税制改正で

引き下げられてます。


税制改正というと、

直接的な税金計算部分の改正にばかり、

目がいきますが、実はこういう地味な改正も

行われてるんです。


でも、

税務調査という観点からみると、

これが結構大事だったりもします。



●FX関係


FXについては、

以前は支払調書の提出義務はありませんでした。


これも、税制改正によって、

平成21年から提出が義務付けられるようになりました。


FXは特に申告漏れが多かったですからね。




これからは、

電子申告の普及に合わせて、

税務署の情報ネットワークのデータ化が

ますます進んでいく、と思います。



納税者番号制度の話も進みつつありますし、

遅かれ早かれ、時代はそういう流れですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
その他上記以外 | 2010-12-03(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

税務署はこんなことも把握している~支払調書いろいろ

では、今日も支払調書の話。

→→→法定調書による税務署の情報ネットワーク

→→→実はこんなにもある?!支払調書の種類


●生命保険・損害保険関係


一時金、年金ともに、一定金額を超えた分については、

保険会社が税務署に支払調書を提出しています。



なので、保険の満期金の申告漏れなども

わかってしまう、というわけ。



一時金の場合は、1回の支払金額が100万円超、

年金の場合は、年間20万円超。



●保険代理店


保険代理報酬の支払調書、というのがあります。


保険会社は、これを税務署に提出しています。

代理店にも同じものを送ってくる、と思いますが。



●株式関係


配当、投資信託、売買、特定口座取引など

いろんな支払調書が提出されています。



なので、

このあたりも税務署にはほとんど捕捉されています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
その他上記以外 | 2010-12-02(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(1)

実はこんなにもある?!支払調書の種類

では、昨日の続きです。

→→→法定調書による税務署の情報ネットワーク



税務署は、KSKシステムというもので、

申告データや支払調書の内容を保存している、

ということでした。



じゃあ、

問題はどんな支払調書が提出されているのか?



みなさん、支払調書の種類はいくつあると思いますか?


10? 20? 



いやいや、なんと約50種類の支払調書が存在します!


それだけの項目について、

毎年、税務署は全国から最新情報を集めてる、

ということになります。




もちろん、その全てをここでご紹介することは

残念ながらできませんので(笑)、

こんなものもあるんだ、というのも含めて、

できる限り、ピックアップしてみたいと思います。



直接、節税などに必要な知識ではないですが、

知っておくと、いろいろ役に立つ(?)かもしれませんしね。



●報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書


これは、けっこうお馴染みですよね。


自分が申告していなくても、こういう報酬を支払った側が、

支払調書を提出していれば、申告漏れはわかってしまいます。

これは、全ての支払調書に言えることですが。



ちなみに、

この中には、馬主に対する賞金、プロボクサーに対する報酬、

プロ野球選手に対する契約金、なんてのも含まれます。



こんなのも、税務署には筒抜け、ということですね。


(金額の足切りラインはありますが。)



●不動産関係


不動産関係については、

賃貸、売買、仲介手数料などに関する

支払調書があります。



不動産売買については、登記情報もありますので、

基本、税務署は全て把握している、といっていいと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
その他上記以外 | 2010-12-01(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。