スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

短期前払費用のトリセツ~そもそも前払費用って何よ?

今週は、

短期前払費用特集です!

→→→今週は、短期前払費用の”トリセツ”



短期前払費用の特例について、

昨日は最後に3つの代表的な例をご紹介しました。


これはあくまで例ですが、

実際にこの特例を使おうとすると、

昨日も書いたように、要件があります。


1.前払費用であること


当たり前やん!!


「短期前払費用の特例」なんやから!!!



まあ、そりゃそうなんですが、

実はけっこう大事なとこです、ここ。



はい、ではここで質問です。


「前払費用」と「前払金」の違いがわかりますか???



つまり、この特例は

「短期前払費用の特例」であって、

「短期前払金の特例」じゃないんですね。



なので、前払費用には使えても、前払金には使えません。


じゃあ、「前払費用」って何でしょうね。

通達を見ると、こんなふうに書いてあります。



一定の契約に基づき、継続的に役務の提供を受けるために

支出した費用のうち、当該事業年度終了の時においてまだ

提供を受けていない役務に対応するものをいう。




どうですか???


何となくわかったようなわからんような感じですよね。


詳しくはまた明日です!




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
スポンサーサイト
   
短期前払費用を使った節税 | 2010-08-31(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

今週は、短期前払費用の”トリセツ”

今週は、

定番の節税ネタについて、

使用上の注意点などを、いろいろ書いてみようと思います。



法人、個人問わず、

節税の定番の1つと言えば・・・。



「短期前払費用の特例」



ですね。



普通に考えると、

来期の経費を今期中に前払いしても、

それは、あくまで来期の経費ですから、

今期の経費にはできない、というのが原則です。



この場合、

その支払った経費は、「前払費用」という資産になります。



そして、資産のまま来期まで持ち越し、

来期になれば、経費に振り替えて経費化する、という流れです。



でも、

正直、細かい費用までいちいちそんなこと

してられないですよね(笑)。



というわけで、

前払費用の中でも、ある程度要件を満たすものについては、

支払ったときの経費としてもいいですよ、

という特例があります。



それが、「短期前払費用の特例」というわけです。



まあ、ウダウダ言うより、

具体例を挙げる方が早いですよね。



例えば・・・。


●保険料の年払い

●家賃の年払い

●倒産防止共済の年払い  などなど



まだまだ本題はこれから。

明日に続きます!




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
短期前払費用を使った節税 | 2010-08-30(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

税務調査、シーズン到来!

今週は、資料せんについてご紹介しました。


→→→税務署から何か書類が来た!→それは資料せんです

→→→何で、うちに資料せんが来るの!!

→→→資料せん、提出を拒むとどうなるの?



資料せんは、

税務調査の基礎資料になる、ということでしたが、

実は今の時期、税務調査の本格シーズンなんです。



税務署の新年度というのは、

4月から始まるのではなく、

7月から始まるんですね。



なので、今は新年度になって、

さあこれから1年、がんばってガンガン行くぞ!

という気合い十分の時期なんです(笑)。



これから年末にかけては、

税務調査シーズンです。



年が明けて、2月になると、

税務署は確定申告の対応でてんやわんやになります。



その頃になると、

当然、税務調査なんかに行ってるヒマはありませんので、

2~3月はほとんどありません。



ただ、

3月は15日で確定申告が終わりますから、

終わると待ってましたとばかりに、

さっそく調査の連絡がある場合もありますが・・・。



そこから、年度終わりの6月にかけてが、

2回目の山場です。



この時期の調査は、

できるだけ、年度内に終わらせて、

来年度に持ち越すのを避ける傾向があります。



税務署も新年度で人事異動がありますから、

自分の担当の調査は終わらせておかないと、

次の異動先には持っていけないですからね。



そして、7月。



まず、

最初の1ヶ月は引継ぎなどもあるでしょうが、

8月になれば、いよいよ本格始動、というわけ。



年末までもたっぷり時間がありますから、

早く終わらせてくれる、というケースは少なくなります。



また、税務調査の話もボチボチとしていきますね。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
その他上記以外 | 2010-08-27(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(1)

資料せん、提出を拒むとどうなるの?

資料せんの続きですね!


→→→税務署から何か書類が来た!→それは資料せんです

→→→何で、うちに資料せんが来るの!!



資料せんは、

あくまで”お願い”書類なんだということでした。



ただし、

いくら”お願い”書類だといっても、

”お願い”しているのは、税務署なわけです。



見知らぬおっちゃんのお願いとは、

わけが違います(笑)。



というわけで、

強制ではないんですが、

結果的には、きちんと出すようにして下さい。



じゃあ、出さないとどうなるでしょうか???



強制書類じゃないので、

法律上の具体的な罰則は特にありません。



初めはやんわりと催促の電話があったりします。



それでもガンバっていると、あきらめてくれるか、

というと、ケースバイケースですが、

やっぱり何度も電話がかかってきます。



最終的に、ひどいケースになると、

じゃあ、資料を取りにお伺いしますから、

ということにもなりかねません。



僕の経験上、

そこまでのケースには出会ったことがありませんが、

ありえる話です。



そうなると、

ホントに「税務調査」みたいになっちゃいます・・・。



何してるこっちゃわからん、ということになります。



それに、あまり拒んでいると、

逆に疑われてしまいますからね。



確かに、

集計するのがちょっとめんどーだから、

という方も多いとは思いますが、

ここは素直に出しておくのが鉄則です。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
その他上記以外 | 2010-08-26(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

何で、うちに資料せんが来るの!!

昨日は、資料せんの話でした。

→→→税務署から何か書類が来た!→それは資料せんです



資料せんについては、

年に2回、税務署は一斉郵送しているみたいですが、

毎回来るとは限りません。



来ても、数年に1回というところでしょうか。



じゃあ、

「なんでうちの会社が選ばれたん???」


「何か目を付けられてるんちゃうの???」


「そういえば、こないだ・・・」


「じゃあ、近々税務調査に来るんちゃう?」



などなど、疑心暗鬼の渦にはまりこむかもしれませんが、

大丈夫です、ご心配は無用です。



基本的には、

資料せんが来たからといって、

税務調査に来られる、ということはありません。



でも、中には、



「こんな細かい内容を書かないといけないんなら、

税務調査と同じようなもんやん!

こんなん出したくない!」



とおっしゃる方もおられます。



じゃあ、資料せんを出さないとどーなるか?



この資料せんは、

法定調書などのように、法律で提出が義務付けられてる

書類ではありません。



あくまで、

税務署からの”お願い”書類なんです。



「じゃあ、やっぱり出さんでもええやん!」



と思われるかもしれませんが、

ところがどっこい、そういうわけにも・・・。



続きは明日です!





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
その他上記以外 | 2010-08-25(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

税務署から何か書類が来た!→それは資料せんです

8月に入ってから、

何やら税務署から書類が届いたという方、

いらっしゃいますか???



それはたぶん、


「資料せん」


です。



さあ、何でしょうね。

資料せん。



そんなに心配するような書類がありませんから、

まずは安心して下さい。



内容は、といいますと、

ひと言でいうと、税務署が税務調査の基礎資料にするために、

納税者に提出をお願いしているものです。



納税者は何を書くかというと、

仕入先の名称や取引金額、

交際費の支払先や金額などを

半年分集計して、所定の用紙に書きます。



集計する科目は、あらかじめ税務署が指定してきますので、

全科目について集計しないといけない、ということは

普通ありません。



相手先についても、

個人だけとか、法人も個人も、とか

指定されていることがあります。



税務署はそれを集めて、何をするんでしょう?



ある納税者から、

仕入先についての資料せんが提出されたとします。



すると、

それは裏を返せば、その資料せんの内容は、

仕入先の売上に上がっていないとおかしいってことです。



そういうようにして、

税務署は、税務調査の資料集めをしています。



もちろん、

他にも税務署は、いろんな情報収集をしていますが、

資料せんはその中の1つです。



でも、

これって普通に書いて出しちゃって

ホントに大丈夫なの?!



というわけで、

続きは明日です!




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
その他上記以外 | 2010-08-24(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(3)

お待たせしました、再開です!

みなさん、ご無沙汰です!!

夏休み明けのくらのすけであります。



少々、夏休みが長くなってしまいました。。。



ちょっとバタバタしていたのと、

あとは・・・・・まあ言うなればガス欠です(笑)。



結果的に、1ヶ月ほどお休みを頂いてしまいましたが(汗)、

今日から、また再開したいと思います!



というわけで、またよろしくお願いします。m(__)m



今日は、

再開一発目ということで、

くらのすけがトンズラしていた間の話題をいくつか。



●税理士試験、今年もありました


今年も、8/4~6に税理士試験がありました。

もちろん、僕はもう受けてないのですが。


あの運命の試験から、もう1年が経ったなんて

全く早いもんですね。


というか、

自分が合格してしまうと、すっかり試験のことは

忘れてしまってました・・・。


今年の受験者の中からも、

また新しい税理士が誕生するわけです。


「先輩」として、負けてはおれんなー。



●国民年金の悪質滞納、国税庁が徴収


という記事が先日、日経に出ていました。


民主党のマニフェストには、

国税庁と年金事務所(旧社会保険事務所)を一緒にして、

「歳入庁」というのを作るんだ、と書いてます。


何だかその前振りみたいな話ですが。


国民年金保険料の時効は2年なので、

それを超えてしまうと、

取り立てできなくなってしまいます。


ということで、

悪質なケースは、国税庁さんお願いしますよ、

となったようです。


今後、こういう提携が増えていけば、

歳入庁実現も絵餅ではなくなってくるかもしれません。




※豆太郎さん、コメント見られたらご一報下さいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
その他上記以外 | 2010-08-23(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。