スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

「乱」を「転」に!

今年も残すところ、

あと1週間となってしまいましたね。



というわけで、

少し早いのですが、

このブログも年末年始のお休みを

頂こうと思います。




今年もなんとかここまで続けてこられたのは、

こうして読んで頂ける方のおかげです。




5月からは3ヶ月間お休みを頂きましたが、

おかげでなんとか試験にも合格することが

できました。




みなさん、ありがとうございます!




日本は今、

政治も経済も「乱」の時代ですが、

中小企業や個人事業主のみなさんにとって、

これが逆に転機となり、新たな発展に

つながればなー、と思う次第です。




「災い転じて福となす」





みなさん、よいお年をお迎え下さい!





年の瀬、カリカリと年末調整に追われながら

管理人くらのすけより





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
スポンサーサイト
   
自己紹介 | 2009-12-24(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

仕訳1本でできる、赤字決算対策!【PartⅠ】

では、昨日の続きですね!



→→→事業年度終了後でもできる、赤字決算対策って?



今日からは、具体策です。




まずは、

普通に正しい会計処理に基づいて

決算を組む、ということが基本です。





こういうと拍子抜けされるかもしれませんが、

普通に決算を組むだけで、それがけっこう

赤字対策につながったりするんです。




例えば、

事務所や駐車場の家賃なんかは

普通1ヶ月分前払しますよね。



保険料や会費なんかも

1年前払い、ということはよくあります。



こういうものは、

ちゃんと前払費用として計上する。





まあ言えば、基本のキなわけですが、

これをするだけで、経費が減り、

一歩黒字化に近づきます。




他には、棚卸資産の計上。



棚卸資産は、

モノ自体の金額だけじゃなくて、

運送代とかそのモノを仕入れるために

付随してかかった経費も含めて計上しないと

いけないことになってます。





税務調査では、よく調べられるところなんですが。



こういうことも、

ちゃんと原則に則って、処理する。



そうすれば、

棚卸資産の金額が増えて、利益up!




これでまた一歩前進。




事業年度終了後の赤字決算対策というのは

こういう細かい処理の積み重ねがすごく大事です。





1つ1つの金額は大したことないんですが、

”チリ積も”の精神で集めていけば、

けっこうこれがバカにならない金額になってきたりします。




いきなり100万円の赤字を黒字に持っていこう、

とすると、難しいかもしれませんが、

10万円ずつ、決算修正個所を10個見つければ100万円!

と考えることができれば、

ちょっと先が見えてきませんか?




大穴は狙わない!

当たり前の基本処理を少しずつ積み重ねる!




これがポイントです。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
赤字決算対策 | 2009-12-22(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

事業年度終了後でもできる、赤字決算対策って?

だいぶ日が空いてしまいましたが、

赤字決算対策の最終編、

【事業年度終了後】をまとめていきたいと思います。




決算対策は

事業年度が終わるまでにしておかないと

できない、と思ってませんか?




もちろん、

事業年度中の方が、手持ちのカードが増えるんですけど、

事業年度が終わってしまっても、

”決算修正”という奥の手があります。




要するに、

帳面上だけで赤字決算対策ができるってことです。




これは何も粉飾決算じゃないですよ。




これからご紹介するのは、

あくまで合法的な会計・税務処理に基づいた方法

ですので、ご安心を。





例えば、

帳面上でできるといっても、

勝手に売上を増やしたり、仕入を減らしたりするのは

言うまでもなく、粉飾ですから。



→→→粉飾の誘惑に負けるな!




さて、

中小企業の赤字決算対策というと、

たぶん一番有名なのが、

「減価償却費を計上しない」ということでしょう。




(上場企業では、これも”粉飾”ですけどね)




でも、

これは原則、やめるべきです。





減価償却費をいじっても、金融機関にはわかりますし、

キャッシュフローを無視して、ただ単に黒字にすりゃ

いいってもんでもないですからね。




ただ、

あともうちょっと利益があれば、

債務超過は免れる、というような場面では、

減価償却費を少し調整する、という選択肢は

あってもいいかもしれませんが。




いずれにしても、

優先順位からすると、最後だと思って下さい。




というわけで、

具体策は明日以降にご紹介です!






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
赤字決算対策 | 2009-12-21(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

副収入があるときの確定申告

では、昨日の続きです!


→→→副収入には課税されない?!




サラリーマンの場合、

給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下なら、

確定申告はしなくてよい、ということでした。



これは、

確定申告にあまり慣れていない

サラリーマンに配慮しての規定です。



ここで、

まず1つ目のポイント。



収入が20万円以下、じゃなくて、

所得が20万円以下、ですよ。




収入と所得の違いは、

こちらをどうぞ→→→「収入」と「所得」の違い、わかりますか???




要するに、

収入=売上自体は20万円を超えててもOKです。




所得ベースでの判断になります。




所得の種類にも注目です。



給与所得と退職所得以外の所得、ですから、

配当所得や譲渡所得や不動産所得や

それ以外の所得なら、全てこの法則があてはまる

ことになります。





でも、

だからといって、確定申告しないことが

必ずしもいいとは限りません。



ここで、

2つ目のポイント。



例えば、

上場株式の譲渡所得が赤字の場合には、

確定申告してないと、赤字繰越ができません。



不動産所得なら、

青色申告の特例を使おうとすると、

確定申告しないとダメですし。



状況に応じて、使い分けて下さい。



また、

同族会社の社長の場合には、

会社からもらってる利息や不動産に関する所得が

20万円以下だったとしても、

申告不要特例は使えません。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
所得税 | 2009-12-18(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(14)

副収入には課税されない?!

2日連続で、

年末調整Q&Aをお届けしました。

旬の話題ですしね。



→→→年末調整Q&A特集!ぱーと1

→→→年末調整Q&A特集!ぱーと2




今日のお題は、「副収入」。



最近は、サラリーマンの方でも、

いろいろと副業をされている方が増えているようです。



大企業にお勤めの方であれば、

そもそも就業規則で副業が認められてるか、

という問題はありますが、

そこをクリアしていれば、

次に問題になるのが、税金。



年末調整の時期にも、

たまに聞かれることがあります。



「副業している従業員さんがいるんですけど、

年末調整どうしたらいいですか?」




こういう場合、

年末調整自体は、普通にやっちゃって下さい。

特に影響はありませんので。



そのあと、

原則的には、本人さんが確定申告することになります。




給与所得と、副業の所得を合わせての申告

ということですね。




ただし、

サラリーマンには特例が認められています。




給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下

の場合には、確定申告が不要になるんです。





これには、

ポイントが2つあります。



●収入が20万円以下じゃなくて、所得が20万円以下


●確定申告が不要、というのは別に確定申告してもいい





明日に続きます!





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
年末調整 | 2009-12-17(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

年末調整Q&A特集!ぱーと2

では、

昨日に引き続き、

今日も年末調整Q&A集です!


→→→年末調整Q&A特集!ぱーと1





Q.夫婦共働きで、子供2人なんだけど、

年末調整の扶養控除はどうしたらいい?



A.基本は、所得の多い方の扶養にして下さい。

その方が節税効果が高いです。

1人ずつで分散してもいいですよ。






Q.一応考えた上で、夫婦で扶養を分散したんだけど、

あとでもう1回計算し直したら、分散の仕方間違ってたかも。



A.大丈夫です。夫婦ともに確定申告して、扶養控除を

やり直せば、OK。






Q.夫婦共働きで、夫が住宅ローン控除受けてるんですけど、

その場合の扶養控除、どうしたらいい?



A.例えば、住宅ローン控除で夫の所得税が0になるなら、

扶養控除は妻で受けた方がトク。


でも、保育料を払ってる場合はちょっと複雑。

保育料は、一般的には住宅ローン控除前の所得税に連動

するので、この場合は夫で扶養控除を受けた方がいい

場合もあるかも。


ケースバイケースなので、全部計算してみないとなんとも。






Q.うちのじいちゃん、年金1年間で150万円ももらってるんだけど、

扶養控除は無理?



A.年齢によります。65歳未満ならアウト。65歳以上ならセーフ。

具体的には、65歳未満なら108万円まで、65歳以上なら158万円までOK。

(年金収入だけで考えた場合)






Q.年収400万円の父子家庭なんですけど、児童扶養手当はもらえないし、

母子家庭と比べるとなんか損。



A.年末調整で寡夫控除の適用が受けられます。

扶養控除申告書にマルをするところがありますので、忘れずに。






Q.年収800万円のシングルマザー、子供あり。

こんなに収入あっても、寡婦控除って受けられるの?



A.受けられます。








このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
年末調整 | 2009-12-16(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

年末調整Q&A特集!ぱーと1

今日は、

年末調整のQ&Aをまとめてみたいと

思います。




いつもの通り、

思いつくまま、気の向くまま、ですが(笑)。



では、

ノンストップでどうぞ!!



Q.生命保険料控除って、年間保険料が10万円超えたら、

いくら控除証明書付けても一緒でしょ?



A.そんなことないです。

一般と個人年金の両方で、それぞれ10万円以上です。

一般だけで10万円超えてても、個人年金があれば別枠で10万円までOKです。






Q.うちの奥さん、年収が103万円超えてるから、配偶者控除はアウト?



A.配偶者控除はアウトですけど、年収141万円までなら、

配偶者特別控除が受けられます。







Q.じゃあ、配偶者の収入は別に103万円までに抑えなくてもいいの?



A.配偶者控除は所得に関係なく定額ですけど、

配偶者特別控除は、奥さんの所得が増えるほど控除額が減ります。

それに、奥さんの収入が130万円を超えると、社会保険の扶養から

外れちゃいますよ。






Q.今年、国民健康保険料まだ全部払ってないんですけど、

未払分も今年の保険料だから、社会保険料控除できますよね?



A.残念ながらダメです。

社会保険料控除は実際に支払った金額しか控除できないんです。






Q.じゃあ、来年に国民健康保険料を2年分払ったらどうなるの?



A.来年は2年分、全部控除できますよ。






Q.扶養控除って、別居してても仕送りしてたらOKらしいけど、

じゃあいくら仕送りすればいいの?



A.残念ながら、いくらというのは決まってません。

通達では、こんなふうに書かれてます。


~以下引用~

勤務、修学、療養等の都合上他の親族と日常の起居を

共にしていない親族がいる場合であっても、次に掲げる

場合に該当するときは、これらの親族は生計を一にする

ものとする。


 イ 当該他の親族と日常の起居を共にしていない親族が、

   勤務、修学等の余暇には当該他の親族のもとで起居

   を共にすることを常例としている場合


 ロ これらの親族間において、常に生活費、学資金、療養

   費等の送金が行われている場合







このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
年末調整 | 2009-12-15(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

税理士試験、ついに結果発表!合否の行方は・・・

去る12/11は、

僕の税理士試験の合格発表日でした。



→→→運命の日



税理士試験は、全部で5科目。



僕は4科目までは合格したのですが、

最後の科目で、踏みとどまること数年・・・。



今年こそ、ホントに今年こそ、決着をつけるべく、

8月某日に、2時間1本勝負に挑んできたのでした。



→→→税理士試験実況レポート!



あれから4ヶ月・・・。



ついに、結果が発表されました。



で、結果は・・・。









キターーーーーーーーーー!!!!!





官報合格キタよーーーーーーー!!!!!!!





\(^o^)/






というわけで、

ついにやりました!!!




最終科目に合格し、

これで、晴れて税理士の仲間入りです!




よかった・・・・・。



とにかくよかったです・・・・・。





税理士試験を受け始めて、

はや10年近く。




途中で、

勉強が手につかなくなった時期もありましたが、

なんとかやり遂げることができました!




少々かかりすぎですけどね・・・。





思えば、

このブログを始めたのは、去年の3月。





なかなか合格しない焦り、

いろいろとうまくいかない日々などがあり、

かなりヘコんでいました。





何か少しでも前に進もうと思い、

始めたのがこのブログでした。





続けていく中で、

やりがいも出てきて、

温かいコメントに癒され、

アクセス数の増減に一喜一憂し(笑)

それが、僕の毎日の活力になっていきました。




だから、

このブログで、合格の報告ができる日を

楽しみにしてきました。




そして、

ついに今日、その日を迎えられたことが

ホントに嬉しいです!!!






これで、税理士試験合格という目標は

ひとまず達成しましたが、

やっと税理士のスタートラインについたに過ぎません。





これからは、

より一層、気を引き締めて、

ガンバっていこうと思います!




税理士試験に合格できた今、思うことは

当たり前のことなんですけど、

未来というのは、毎日の積み重ねで

できていくもんなんだなー、ということです。




それを改めて知った気がします。








Ps.


今年、聞いた音楽の中で、

メチャクチャ心に沁みた曲があります。




いきものがかりの「心の花を咲かせよう」

という歌です。




→→→「心の花を咲かせよう」




曲もバツグンですが、

歌詞が秀逸です。




いろんな日々に落ち込んでる方、

めげそうになってる方、

なんだか最近うまくいかない、という方。




ぜひ一度聴いてみて下さい。





合格した今、改めて聴くと、

けっこう泣けます・・・。





というわけで、

これからもくらのすけをよろしくお願いします!



m(.__.)m


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
自己紹介 | 2009-12-14(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(6)

運命の日

普段は、

実務に役立つ税金情報をお届けしている

このブログですが、

今日は少し個人的な話をさせて下さい。



興味のない方、すみません。


また後日、のぞきに来てやって下さい。



ところで、

この記事がアップされるのは、

12/11の8時。




実は、この12/11という日は、

僕の運命の日なんです。



そうです!

税理士試験の発表日です!




とはいえ、

この記事を書いている今は、

12/5。



発表まであと1週間、という状況で、

今、記事を書いています。




今年の税理士試験から

はや4ヶ月。




ようやく、この日を迎えます。




でも、

最後のこの1週間がまた胃の痛む日々なのです。




今年は、

けっこう手応えがあったつもりでした。




でも、

その後いろいろと情報が出回ってくると、

やっぱり不安が・・・・・。




今さらジタバタしても、

もう既に結果は決まってるんですけどね。




最近は負け癖(?)がついてしまって、

どうしても悪いイメージがぬぐえません。




ホントは、

気付いたら発表の日になってて、

気付いたら合格通知が来てた、

ってのが一番いいんですけどね。




て、すいません、

愚痴ばっかりですね(笑)




どうにもこうにも

このモヤモヤ感が取れず、

このブログにぶちまけてしまいました。




泣いても笑っても、

全ては今日決まります!




とにかく、

結果はどうあれ、

今、自分にできることを精一杯やるだけ、ですよね!!



結果は、

来週12/14のこのブログで、

ご報告します!





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
自己紹介 | 2009-12-11(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

エコカー減税の意外な落とし穴

では、

昨日の続きです!


→→→エコカー補助金に税金がかかる?!



確定申告しなくても、

普通の人には、エコカー補助金には税金はかかりません。



ということでした。




どういうことかというと、

エコカー補助金は、明細書を付けて確定申告しなかった場合、

一時所得という所得に分類されることになります。





この一時所得というのは、

保険の満期金なんかをもらったときの所得です。




一時所得は臨時収入ですので、

税金を計算する上でも、継続的な収入と違って、

少し税負担が軽くなっています。




具体的には、

一時所得の金額が50万円以下の場合には、

課税しない、というルールがあるんです。





正確には、

一時所得には50万円の特別控除額がある、

という言い方をします。



まあ、何はともあれ、

50万円まではセーフなわけです。




エコカー補助金というのは、

最大25万円の補助金です。




というわけなので、

一時所得に分類されたところで、

結局税金はかかりませんよ、

めでたしめでたし、となるわけです。



ですが、

昨日も書いたように、

”普通”じゃない人もいます。




たまたま、

保険の満期金があるときに

エコカー減税も受けた、というような方。





こういう場合は、要注意です。




例えば、

保険の満期金が100万円、

その満期金をもらうために掛けた保険料が70万円、

とします。



この場合、

一時所得の金額は、

100万円-70万円=30万円

となります。




上の50万円ルールにより、

この満期金には所得税がかかりません。




でも、

この年にエコカー補助金を25万円もらっていたとしたら・・・。




一時所得の金額は

30万円+25万円=55万円で、

50万円を超えてしまいます。




こういう場合には、

ちゃんと確定申告をして明細書を付けないと、

エコカー補助金に税金がかかってしまう、

ということになってしまいます。




まあ、

かなりマニアックな話ですので、

忘年会のネタにでもしてやって下さい(笑)。







このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
所得税 | 2009-12-10(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

エコカー補助金に税金がかかる?!

今日は、

エコカー減税の落とし穴(?)について、

ちょっとした豆知識です。



景気回復にも一役買っている

エコカー減税。




これは、

”エコカー減税”という名で知られています。



でも税金の分野では、

「減税」というより「補助金」という方が

実は正しい考え方。




どっちでも一緒やん!

って言わないで下さいね。



ちょっと税金的に考えてみましょう。




「減税」というと、

税金が直接減るわけですから、

問題なし、です。




でも、

「補助金」といった場合、

じゃあその補助金にまた税金がかかるんちゃうの?

といういやーな予感がしてきます。



「補助金」も収入の1つには違いないわけですから。



でも、ご安心を!



このエコカー補助金は、

所得金額を計算する上で、

収入には含めない、という取扱いになってます。



ただし!


条件があります。




その条件とは・・・。




ある明細書を付けて

確定申告すること、です。




・・・・・・



???



じゃあ、

エコカー減税を受けた人は

みんな確定申告するの?!




って話になりますよね。




でも、

実はそんなことはなくて(どないやねん!)

確定申告しなかった場合でも、

普通の人は、エコカー補助金に税金はかかりません。





ここで、

するどい方は、お気付きかもしれませんが、

”普通”じゃない人もいるんです。



というわけで、続きは明日!




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
所得税 | 2009-12-09(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

個人事業者の年末やらなくちゃリスト!

いよいよ年末が近づいてますね!



先週も、

年末までのTO DOリストを少し

ご紹介しましたが、

今日はその続きです。



個人事業主の方は、

年末までにやっておいてほしいことがあります。



それは、納税予測です。



所得税、消費税の納税は3月ですが、

(振替納税なら4月)

住民税や事業税に至っては分割払いなので、

支払うのはずいぶん先の話ではあります。



でも、

年末年始に来年の計画を立てよう!

というようなときには、

あらかたの納税額がわかってないと

資金繰りの計画も立てられないですしね。



納税予測の計算の仕方については、

去年のこの時期にご紹介しています。



→→→個人事業主が年末までに必ずすべきこととは・・・(その5)



消費税については、

今年中に来年の計算方法を選択しないといけません。




具体的には、

原則課税と簡易課税のどちらか、ですね。



今年、開業された方は、

年内に、今年の消費税計算方法を選択して下さい。



いろいろ大きい買い物をしたので、

消費税が還付になるかも?!

という方は、課税事業者になっておかないと、

還付が受けられません。



ただし、

課税事業者は2年継続、という縛りがありますので、

ご注意を。



そのあたりの事情については、こちらをどうぞ。

→→→原則課税か簡易課税か?!まずは考え方を知る!



ちなみに、

今は免税事業者だけど、

今年の売上がすでに900万円突破!

というような方は、2年後に課税事業者になる可能性アリですよ。



消費税は、

今年の課税売上が1,000万円を超えたら、

2年後が課税事業者になる仕組みです。



この場合の1,000万円というのは、

税込で1,000万円です。


税抜で1,000万円だと、税込では1,050万円なので、

アウトになります。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
個人消費税 | 2009-12-08(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

時間軸で考える赤字決算対策【事業年度終了直前】

今、中小企業に必要なのは

赤字決算対策ということで、

いろいろと書いてます。


→→→時間軸で考える赤字決算対策【入門編】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始前Part1】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始前Part2】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始前Part3】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始直後】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度途中】



さあ、いよいよ事業年度終了直前、

という状況で、業績は赤字。



何とか黒字に持っていく方法は、

ないものでしょうか・・・。



この時期には、

お金を動かしてやらないといけない対策は

全てやり終えておかないとダメです。




決算修正で、

帳面上だけで仕訳を切ればいい対策は、

事業年度が終わってからでも間に合うわけですから。



(具体的な中身は、また後日にご紹介します!)



例えば、

生命保険の解約、倒産防止共済の解約などです。




これらの収入は、

売上として計上するわけにはいきませんが、

実行すれば、利益にも資金繰りにも貢献します。



小売業なら、

決算セールや従業員販売の実施なんかも、検討できます。




お金が動く項目ではないですが、

事業年度が終わるまでに手続きしておくとトクなものに

助成金があります。




何かもらえそうな助成金がないかどうか

探してみるのもありです。



助成金の場合、

その受給の原因となる出来事、事実が

当期中に起こっていれば、

助成金をまだ受け取っていなくても、

基本的には、もらえるはずの助成金の金額を

未収計上することができます。



そのためには、

事業年度が終わるまでに、

手続きをしておかないとダメです。



今までの赤字決算対策で挙げた項目も

もちろん使えますよ。




例えば、

事業年度変更や、固定資産の売却益計上などですね。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
赤字決算対策 | 2009-12-07(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

”見えない”ものに気付く力

今日は、

ちょっと数字の見方の話。



決算書や試算表を見るときに

大事なことは何でしょうか?




売上?利益?



もちろん、それも大事ですが、

一番大事なのは、決算書に”ない”数字じゃないか、

と思ったりします。




誰しも、

目の前に数字が並んでいると、

その数字を見ることに一生懸命になります。



見える数字を見ながら、

これはこうかな、あれはこうかな、

などと考えるわけです。




でも、

それに夢中になり過ぎると、

逆に、あるはずのものがないことに

気付かなかったりします。





決算書や試算表を見るとき、

まずは、”ない”ものを意識して見る、

という習慣を付けると、

ちょっと視野が広がるかもしれません。




また、

そもそも決算書に最初から書いてない項目もあります。



例えば、

売上であれば、ほんとに大事なのは

売上高そのものよりも、

客単価であったり、客数であったり、リピート率であったり、

従業員1人当たりの売上高だったり、坪単価当たりの売上だったり

するわけです。



こういうのは、

決算書や試算表を見ても、わかりませんからね。



別に決算書を見る意味がない、

と言ってるわけではありませんが、

決算書からわかること、わからないこと、

決算書にあること、ないことを考えると、

読み方もステップアップするかも。



物事はなんでも二面性があって、

表に出てることより、裏にあることの方が大事、

ということが多々あります。



と自分にもよく言い聞かせてます。








このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
決算書の読み方 | 2009-12-04(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

時間軸で考える赤字決算対策【事業年度途中】

さてさて、

赤字決算対策どんどんいきましょう!


→→→時間軸で考える赤字決算対策【入門編】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始前Part1】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始前Part2】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始前Part3】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始直後】



今日は、

事業年度の途中での赤字決算対策です。



ある程度、事業年度が経過してくると、

今期のだいたいの数字が見えてくるようになります。



前半の数字が悪くても、

後半でなんとか立て直せそうな場合は

それでいいのですが、

そうじゃない場合は???



こういうときには、

思いきって事業年度変更してしまうのも手です。




このまま続けても赤字が増えるなら、

今の時点で事業年度を切って、

なんとか黒字に持っていく方法を考えます。



赤字額が少ないうちなら、

何とか手を打てるかもしれません。



2期連続赤字を回避するための

緊急手段です。



事業年度を変えれば、

また役員報酬を設定し直すことも可能です。





事業年度変更は、登記が要りません。


株主総会議事録と届出書だけで実行できます。



ただし、

常識的には、そうそう乱発できる手段ではありませんので、

タイミングが肝心ですね。



赤字が底を打って、

何とか回復基調になってきたときに、事業年度変更すれば、

V字回復を演出することもできます。




もちろん、

小手先のテクニックだけに頼るのは禁物ですが。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
赤字決算対策 | 2009-12-03(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始直後】

ちょっと日が開きましたが、

今日は、赤字決算対策の続きです!


→→→時間軸で考える赤字決算対策【入門編】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始前Part1】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始前Part2】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始前Part3】



今日は、

事業年度開始直後の赤字決算対策。



まずは、

やっぱり役員報酬でしょう。



これは、

事業年度開始前のときにも挙げましたが、

役員報酬の改定は、

事業年度開始後3ヶ月以内ならOKです。




事業年度開始前に、

役員報酬の変更を検討しなかった場合は、

この時期に必ず減額を検討して下さい。




注意点としては、

事業年度開始後に、役員報酬を改定した場合、

減額効果がまるまる1年分はないことです。



たいてい9ヶ月か10ヶ月分しか効果は出ませんから、

年間予想をする場合は、注意です。



役員報酬を下げれば、

社会保険料も下がりますが、

これも下がるのは3~4ヶ月あとになりますので、

効果が出るまでは少しかかります。




同時に、従業員さんの給与カットをすることも

考えられます。



この場合には、

モチベーションの問題やいろんなデリケートな面も

あるでしょうから、

利益が回復すれば、賞与で還元するよ、

という約束をしてあげるといいと思います。



従業員さんが一斉にやめてしまうと、

赤字対策どころではなくなりますからね。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
赤字決算対策 | 2009-12-02(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

まだ間に合う!年末までにできる節税TO DOリスト

正真正銘、

今日から12月ということで、

今月中に実行すれば、節税できるよ、

という”やらなくちゃリスト”を考えてみました。



思いつくまま、

箇条書きにしますので、

あしからず・・・。



(要件はだいぶ端折ってます)



●年内に結婚の予定のある方

→今年中に婚姻届を出せば、配偶者控除

(もちろん、所得制限はありますが)



●パート収入のある方

→12月の勤務を調整して、年間103万円以下に



●国民健康保険、国民年金の未納のある方

→今月中に払えば、支払額は所得控除できます



●自宅を新築した方

→今月中に居住開始すれば、住宅ローン控除

(新築等の日から6ヶ月を超えていたら、アウトです)



●株式の譲渡益がある方

→今月中に、含み損のある銘柄を売却すれば、損益通算可



●ゴルフ会員権を持っている方

→今月中に売却損を出せば、給与所得などと損益通算可



●寄付をしようかな、と考えている方

→今月中にふるさと納税やユニセフ募金などをすれば、寄付金控除



●小規模企業共済を検討している方

→今月中に来年分の保険料を年払いすれば、全額所得控除の対象



●消費税の課税事業者である個人の方

→今月中に資産購入、設備投資すれば、消費税節税



●相続税がちょっと心配な方

→今月中に贈与すれば、1人当たり年間110万円まで贈与税なし



●結婚して20年以上の夫婦

→夫婦間で自宅を贈与すれば、2,110万円まで贈与税なし

(今までに受けている場合はダメ)





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
所得税 | 2009-12-01(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。