4月から改正になる税金をチェック!



では、昨日の続きです。

4月改正、税金編です。





■法人税率引き下げ、償却率引き下げ



4月から変更になる項目、

今日は、税金関係です。




去年は、

なんと税制改正法案が、いつまで経っても

国会を通過しないという事態になり、

結局、平成23年度改正は遅れてバラバラに成立。




最も後発組は、

1年遅れの今年4月スタートとなりました。




メインは、

法人税率の引き下げですね。




◆法人税率の引き下げ



 中小企業の場合、

 所得800万円超と以下で、税率が変わります。




 

●所得800万円超

  30%から25.5%へ



●所得800万円以下 

  18%から15%へ






 ただし、

 3年間は、復興特別法人税がかかりますので、

 税率は、上記の1.1倍になります。




●所得800万円超  

  25.5%+2.55%=28.05%



●所得800万円以下 

  15%+1.5%=16.5%




 
 適用されるのは、

 「平成24年4月1日以降開始事業年度」ですから、

 ちょっと先の話ですが。



 
◆定率法の償却率を変更




平成19年度税制改正で、

定率法は、「250%定率法」になりました。




「250%定率法」というのは、

定額法の2.5倍の償却率、ということです。




改正から5年が経ち、

やっぱりこの償却率は、やりすぎだ

ということになりました。




で、

今年の4月からは、200%定率法になります。




単純計算で、

250%が200%ですから、

例えば、初年度の減価償却費が今までの8割になる、

とそんなイメージです。




原則は、

平成24年4月1日以降に取得した資産から適用、

ですが、特例があります。




平成24年4月1日が、

事業年度の途中の場合には、

その事業年度が終わるまでの取得した資産は、

250%定率法が適用できます。




設備投資はお早めに、ってことですね。




この定率法の話、

もうちょっと続きます。








このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
平成24年税金・その他年間スケジュール | 2012-04-04(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

4月から、保険料が変わります



さあ、4月です。

新年度の始まり、始まり。





■保険料は、基本値上げです




4月になると、

いろいろな制度変更、改正などが

目白押しです。




簡単に、

項目だけでもチェックしておきましょう。




◆健康保険料の引き上げ



 3月分保険料(4月支払分)から、上がります。


 上昇幅は、地域によって違います。


 給与計算で、漏れがないようにしましょう。




 ちなみに、後期高齢者の保険料も引き上げになります。




◆介護保険料の引き上げ



 1.51%から1.55%に引き上げ。


 給与計算のときには、40歳以上の方に

 介護保険料がかかります。




◆雇用保険料の引き下げ


 
 一般事業で、本人負担が6/1,000から5/1,000に。

 事業主負担が、9.5/1,000から8.5/1,000に。




 労働保険については、

 労働保険特別会計というのがあるのですが、

 実はこの特別会計、お金が余っているらしいです。



 
 なにやら、実感とは合わない気がしますが、

 結局は、保険料収入より給付額の方が少ない、

 ということなんですね。




 だから、

 他の保険料と違って、こちらは引き下げに

 なる、と。




 保険関係ばかりのご紹介になりましたが、

 続きは明日!





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
平成24年税金・その他年間スケジュール | 2012-04-03(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

2012年税金・その他年間スケジュール【7~12月】



今年の年間スケジュール、

7月以降の下半期です。





■7月





(7/10)




・源泉所得税の納期特例期限




・社会保険料算定基礎届の提出期限




・労働保険料申告書の提出期限






※労働保険料率は、35業種で引下げ予定




※源泉所得税と労働保険料の納付が重なりますので、

資金繰りにご注意を。







(7/15)



・所得税の予定納税減額申請






(7/31)




・所得税予定納税第1期






■8月





・個人事業税第1期




・個人住民税第2期




・各省庁より、平成25年度税制改正要望






■9月




※個人事業主の方は、そろそろ決算3ヶ月前です。

今年の利益予想の準備を始めましょう。






■10月





・厚生年金保険料引上げ(10月納付分より)




※16.412%→16.766%




・個人事業税(第2期)




・個人住民税(第3期)






■11月




・所得税予定納税第2期






■12月




・年金支給額の減額





※物価下落にあわせて、

10月分(12月支給分)より減額





(12/15~20)



・平成25年度税制改正大綱、発表




※いよいよ個人事業主の方は、決算直前です。

節税が必要な方は、前払等の対策準備を。

来年の消費税についての判定、届出も今月中に。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
平成24年税金・その他年間スケジュール | 2012-01-13(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

2012年税金・その他年間スケジュール【4~6月】



では、

昨日に引き続き、今年の年間スケジュール、

4~6月です。





■4月




(4/1)




・法人税率引下げ


・法人税の復興増税開始




※H24.4/1以後開始事業年度から適用





※中小企業の場合




所得800万円以下→ 15%+1.5%=16.5%(現行18%)


所得800万円超→ 25.5%+2.55%=28.05%(現行30%)






・定率法償却率引下げ




※H25.4/1以後開始事業年度より、

現在の約8割の償却率に変更






・国民年金保険料引上げ





※15,020円→15,540円(×改定率)





・雇用保険料率、引下げ予定





※事業主1,000分の8.5(現行9.5)

従業員1,000分の5(現行6)に下がる予定






(4/20)




・平成23年分所得税、振替納税日





※振替口座の残高確認を忘れずに






(4/25)




・平成23年分消費税、振替納税日




※振替口座の残高確認を忘れずに






■6月





・子どものための手当、支給開始




※平成24年4月分(6月支給分)から、

所得制限世帯は、減額して支給予定




(参考)平成24年度以降の子どものための手当等の取扱いについて





・固定資産税(第1期)




※今年は、評価替えの年ですので、

価格の見直しが行われます。





・年金支給額の減額





※物価下落にあわせて、

4月分(6月支給分)より、月数百円の減額





※減額は、児童扶養手当などにも適用








このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
平成24年税金・その他年間スケジュール | 2012-01-12(Thu) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

2012年税金・その他年間スケジュール【1~3月】



では、

今日から年始恒例の、今年のスケジュールを

順次ご紹介していきたいと思います。




今年1年の予定や計画を立てるときの

参考にどうぞ。





■平成24年(2012)の主な予定




●消費税増税法案、成立?



●アメリカ、ロシア、フランス

中国、台湾などで大統領(総統)選挙




●2012年問題


→東京でオフィスビル大量供給


→団塊世代が65歳に




●東京スカイツリー開業予定



●ロンドン五輪開催






■1月





(1/1)




・平成23年分還付申告開始



※今年から、申告義務のある方の還付申告も

1/1からできるようになりました。






・生命保険料控除→新基準に改正



(参考記事)→介護医療保険料控除って何よ?





・マイカー通勤の場合の通勤手当の非課税が改正



※マイカー通勤でも、公共交通機関を使ったとした場合の

金額までは非課税となっていましたが、その特例が

なくなりました。





・消費税免税→新基準の判定期間が開始



※例えば個人の場合、今年の上半期で課税売上1,000万円

を超えれば、H25年から課税事業者(給与基準特例あり)




(参考記事)→消費税、免税事業者の新しい仕組み~予選から敗者復活戦まで






(1/10)




・源泉所得税の納付期限



※納期特例の特例は1/20






(1/31)




・法定調書、給与支払報告書提出期限




・償却資産申告書提出期限







■2月





(2/1)



・平成23年分贈与税確定申告開始




(2/16)



・平成23年分所得税、消費税確定申告開始






■3月




(3/15)



・平成23年分所得税、贈与税確定申告期限



※振替納税の申請をされていない方は、

納税期限となります。






(3/31)



・平成23年分個人消費税確定申告期限





・中小企業金融円滑化法期限→延長予定




・健康保険料率、引き上げ予定(4月支払分より)






※3月中に平成24年度税制改正法案が国会可決(?)








このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
平成24年税金・その他年間スケジュール | 2012-01-11(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース